--毎日がSpecial♪♪-- Everyday is the Special Day

moonlight7.exblog.jp ブログトップ | ログイン

1日目 いざフィレンツェへ出発 

初めて羽田からの海外が嬉しい。初めてのエールフランスが楽しみ。
いえいえ・・・そんな嬉し楽しばかりではない“初めて”が次々とが起こる旅でした。


羽田へは吉祥寺からリムジンで1時間とかからず、これぞ東京の国際空港と言える距離です。そして、機体は問題なくスムーズに飛び立ち、経由地のパリまで12時間半の予定。その先1時間30分のトランジット、更にフィレンツェまでは1時間40分。少し長めの旅となるため、リラックスできる服装にしてきて正解でした。

1日目 いざフィレンツェへ出発 _d0133320_22515319.jpg

素敵なフランス人のCAさん達はスマートでおおらか、予想に反して親切で、快適な空の旅です。聞いていたほど機内食も不味いということもなく、機内は皆さん静かに過ごして睡眠も充分取れ・・・


☆   ☆   ☆


しかし、です。

シャルル・ド・ゴール空港到着は向かい風のため1時間遅れとなりました。

トランジット待ち時間は1時間30分。


ん?・・・既に1時間遅れ、残り30分ですよ!?

今回、続き席が取れずにあちこちバラバラの座席で、機内の最後尾附近だった私は、シートベルト着用ランプが切れると同時に棚に上げた荷物を取り出し、隣席の方にご挨拶してから、既に通路に立っている人たちに

“すみません!トランジットの時間が押しているので先に通してください〜!!!”

と声を張り上げながら少しずつ前に進みます。


私より前の座席の仲間のところまで10席ほど追いついた所で、全く動けなくなりました。それが、そこから15分近くも、なのです。

ああ、もう、間に合うわけがない・・・
いえ、この機が遅れたのはわかっていること。
乗り継ぎ客が大勢いるのもわかっている筈だからある程度は待ってくれる!
お願い!今日中にフィレンツェの宿に着かせて〜〜!!!
そう祈るしかありません。


扉が開いて人が動き出し、ボーディング・ブリッジを抜け、前後しているものの互いの顔を確認してからは、走る!走る!とにかく走ります。

ただ、いかんせんEUへの入国審査があります。そこでは通りかかる友人と談笑しながらの、のらりくらりな審査官の仕事ぶり。並んでいる人は皆ソワソワイライラと、“急いでるんだけどオーラ”を発しているのに、です。数人置きに4人いるのが確認できたのはここまででした。スタンプ押して貰った人から、先を急いでビュンビュン走り去ってゆきます。


チケットの乗り継ぎゲートナンバーの箇所には、なんと恐ろしい事! ─ とあるだけで、どのゲートに行けばいいのかわかりません。

あれ〜〜!! 私もビュンビュン走り出したものの、審査官ののらりくらりぶりで間があいていて追いつけません。そして、何度振り返ってももう一人の姿が見えず、前を行く仲間の姿も見えなくなり、この広い空港にフランス語なんてわからない私一人置いてゆかれたらどうしよ〜〜 え〜〜?という状態となりました。もう、泣きたい・・・


そうは言っていられないので、ここは落ち着いて!
ふ〜… 

前の若い二人が頑張って辿り着き間に合えば、なんとか搭乗締め切り、待ってくれる… (筈)
後のもう一人と揃って行けばいい… (筈)


ああ、でも、待って!!
分岐点でどちらに行けばいいかわからなくなりました。真っ直ぐ行くか、右に行くか。スクリーンで乗り継ぎ便の搭乗ゲート確認を、と思ってもそのスクリーンが目に飛び込んでこず。

万事休す?


近くの係官に聞こうとしても、またしてものらりくらりと隣のスタッフとお喋りしていて、待って、と言われてしまいました。そこにようやくもう一人が追いつき、係官にゲートナンバーを聞いて、またしても全速力で走る私たち。息を切らしながらもなんとか搭乗口へ辿り着き、機体が見えてほっとしたのです。

1日目 いざフィレンツェへ出発 _d0133320_22560659.jpg

その後何人もが息を切らしながら乗り込んできて、いよいよフィレンツェへと飛び立ちましたが。
ああ、空港のロビーを1km近くも全速力で駆け抜けたのは、長い人生「初めて」のことでした。


☆   ☆   ☆


でもでも、またしても・・・
が、しかし、です。

フィレンツェのペレトラ空港に着くと、人は間に合ったけれど荷物は積み込めなかったのか、ターンテーブルからスーツケースが出てきません。そこにロストバゲッジとの連絡が入りました。

1日目 いざフィレンツェへ出発 _d0133320_22570755.jpg

海外旅行50回経験のOさんも「『初めて』のこと」、と言いながらも粛々と手際よく4人分の手続きをしてくれました。仲間がいるってことが嬉しく、頼りになり助けられ、有り難い思いでいっぱいになります。


今日中にはもう、フィレンツェには届かないとのことで、着の身着のまま寝るしかない。既にもう少しで次の日を迎えようとしている頃のことでした。


☆   ☆   ☆


迎えのタクシーに乗り込んで、ホテルに向かいます。ホテルと言っても、アパートメントの民泊なので、着いてからオーナーが来るまで待ち、鍵を開けて貰って重厚な扉を開け、先に進んで唖然・・・


フィレンツェ中心地域にある、お金持ち所有の古くて映画の一コマに出てきそうな、一度は足を踏み入れてみたいなぁと思っていた感じに近いアパートメントですが。
なんとまあ、、いえ、当然のごとく、、エレベーターがありません。

そして、オーナー所有の部屋は最上階。グルグル階段を上がってゆくのですが、もう、今、何階にいるのかもわからなくなります。

1日目 いざフィレンツェへ出発 _d0133320_23065889.jpg
日本で言えば5-6階の高さでしょうか。自宅を出てからほぼ24時間後。行きついた先で日本より少し高さのある階段を、しかも5-6階分を昇る私たち。もう、ヘロヘロです・・・
海外旅行の宿泊先でエレベーターが無い最上階に泊まるのは、「初めて」です。


そうか、この階段をスーツケースを持って上がるのは今日は無理、と神様が判断されて、ロストバゲッジにしてくれたんだわ♪ 本当に心からそう思った私。
そして皆それぞれに『受難だ』『試練だ』と納得しながら受け入れ、むしろ密かに楽しんでいて、なんだか凄いメンバーですよ。


☆   ☆   ☆


オーナーからいろいろな説明を受け、宿泊手続きをすませ、ようやく目的地に辿りついて今日が終わった〜〜 と、気が抜ける思いです。そして、誰からともなく、この宿の決め手となり、とても愉しみにしていた場所へ。

キッチンからテラスに出る階段を昇ると、出迎えてくれたのはこちらです。

1日目 いざフィレンツェへ出発 _d0133320_22482407.jpg
フィレンツェと言えば誰もが思い浮かべるこの光景が、今、私たちの目の前に拡がり癒やしてくれ、今日一日の全てのことが流れ去ってゆき、幸せな思いがいっぱいに満ちあふれました。

こんな素晴らしい光景を、旅先でホテルの窓など無しに直に見られるのは「初めて」♪


# by moonlight_ts | 2018-10-03 23:09 | 旅あちこち

イタリア旅行の始まり

イタリア旅行の始まり_d0133320_22165199.jpg
今回のイタリア旅行が決まったのは昨年11月始め、それは驚くほど突然の話でした。ある集まりに参加した、吉祥寺界隈のメンバーが集まっての打ち上げの場でのことです。

空海ゆかりの水などのお話し会の想い出話に浸るうちに、空海や真名井御前の話、その二人の生まれ変わりがどうのこうの、という話になってゆくのですが。
「自分たちに、もし前世があったとしたら、どこで何をしていただろう」
ということになりました。

メンバーの中には頭の中に孟宗竹ならぬ妄想竹が生えているのでは?と思われる者が2名おりまして。妄想の中ではイタリアの修道院にいた、と言うのです。なんとも、突拍子も無いけれどもリアルな表現で当時の修道院の様子やそこでの生活のことを語ります。

すると、もう一人が、私は煩悩だか欲望だかを抱きながら修道院にいた、イタリアの水辺で羽根が生えてくる夢を見た、とこれまた夢で見た光景を詳しく語り出し。その話が終わる頃。

 「私、イタリア行ってみたい! 
  どこかに居た痕跡があるはず!」

 「イタリアなら何度も行っているので案内しますよ」

 「なになに?そんないい話に乗っていいなら、
  行きたい行きたい!!」

 「いいですよ〜 でも、なんなら皆で行きません?」

 「行くなら女性だけの個人旅行は南は何かと物騒。
  北イタリアの方が治安がいいから、フィレンツェやミラノ?」

 「あら!フィレンツェには常々行きたいと思っていたし、
  案内付きだなんて! こんないい機会を逃す手はないわね」

最後に私もとうとう乗っかることとなりました。

そんな前に決まったイタリア行きが今になったのは、皆の仕事の都合や季節のことなどを考慮してのこと。そしてそれは、航空会社の選択から始まり行き先や時間配分、その他、事前にいろいろ調べたり本を読んだりする時間的な余裕がたっぷり取れることとなり、とても助かりました。

フィレンツェと言えばルネッサンス発祥の地。花の都であり芸術の都。そして、屋根の無い美術館とまで言われるほど美しい街。

ここはやはりしっかり絵画、彫刻、建築、作者や当時の様子など、勉強して押さえておきたいこと山積みです。何をどう見たいか、見るべきポイントを識っておくのは旅をする上では大切なことです。

更に、美食の国ですから、食べ物のことも気になります。
6回ほどイタリアに行ったというOさんの
「イタリアは何を食べても美味しい」
の一言に、否が応でも食の期待も膨らむ私たちなのでした。

# by moonlight_ts | 2018-10-02 22:08 | 旅あちこち

『モッツアレラチーズ造り体験 秋の遠足』

日曜日は日和りもよく、千葉県の茂原までの遠出
ザ・チーズルーム・アカデミーさんのイベント『モッツアレラチーズ造り体験 秋の遠足』です

以前通っていたciaco先生のパン教室のある駅を過ぎ、もっともっとはるか遠くでした
工場に着くと、白衣・長靴・ヘアキャップを身につけ、いざ!チーズ工場へ!

『モッツアレラチーズ造り体験 秋の遠足』_d0133320_21465861.jpg

牛乳100キロのプールにレンネットというチーズ製造用の凝乳酵素を投入
すると時間が経つにつれ少しずつ固まってきます
最後はプリンのような、柔らかいお豆腐のような感じになり…

『モッツアレラチーズ造り体験 秋の遠足』_d0133320_21312544.jpg

これを細かくカットするのですが道具ってシンプル 且つ、よく考えられてますね
短辺を横裁断・縦裁断し、次に長辺を縦裁断することにより杏仁豆腐状態になりました
この作業をカードカットと言うのですが、カットしている時から
みるみるうちにホエー(乳清)がしみ出てきます

『モッツアレラチーズ造り体験 秋の遠足』_d0133320_21314746.jpg

カードをプールの中で泳がせるようにグルグルかき混ぜます
発酵室にあるカチョカバロの不思議に可愛らしい形の魅力に取り憑かれたりしながらの30分近く
どんどんホエーを排出させると杏仁豆腐からチーズらしい塊になってきました

槽からホエーを取り出しチーズを発酵させている間に、少しの座学とランチタイムとなりました
そして、午後からこの日一番のお楽しみタイムです

『モッツアレラチーズ造り体験 秋の遠足』_d0133320_2134780.jpg

すっかりホエーの水切りがされたチーズ… のようなもの
これにお湯を入れてカードを寄せ集め練り上げていくと
お餅のような状態のモツァレラチーズになりましたよ

これを各自でモツァレラチーズの成形をするのですが、その前に…
さきほどのカチョカバロってどうやって作るんですか? に対して応えてくださり
モツァレラチーズをカチョカバロ風に成形するデモをしてくださいました
手慣れた手つきであっという間に可愛い姿となりました

づづく…
 (写真を見ていたら工程記録しておきたくなり どんどん長くなりまして〜)
# by moonlight_ts | 2016-11-15 23:11 | おいしいもの

Irish Whisky Brack Cake (Tea Brack)

アイルランドの伝統菓子である“ティーブラック(ドライフルーツ入りケーキ)”の作り方を教えていただきました
アイルランドではハロウィンに欠かせない ドライフルーツ入り のケーキなのだとか
Irish Whisky Brack Cake  (Tea Brack)_d0133320_22165054.jpg
ティーブラックには紅茶に浸したレーズンやカランツを使います

Irish Whisky Brack Cake  (Tea Brack)_d0133320_0212931.jpg
ティーブラック(Tea Brack )の“Brack”は斑点、つまりドットのついた状態をあらわしていて
生地に入っているドライフルーツの斑点ということからこの名がついたのだそうです
                ・・

先生にいただいたレシピのタイトルには『Irish Whisky Brack Cake』とあり
今回は紅茶にウィスキーをほんの少し入れた中にレーズンなどを浸しました
レーズンがふやけるくらいたっぷり含ませるために これは前日やっておくので
私たちが作ったものは翌日のレッスンで使われるものとなりましたよ
Irish Whisky Brack Cake  (Tea Brack)_d0133320_22171485.jpg
私たちはつまり… 前日に作っていただいた紅茶に浸したレーズンを使って
これに粉や砂糖などを入れて混ぜて混ぜて型に入れて焼くだけ!
とても手軽に作れる簡単ケーキです
焼き上がる少し前にザラメなどを振りかけてもう少し火を入れます
このザラメの食感と甘みもポイントかもしれません

<Irish Tea Brack> で検索すると
Irish Tea Brack (Tea-Soaked Raisin Bread) などと出てきます
つまり、『紅茶に浸したレーズン入りパン』ということ?!

確かにパンと言えなくも無いケーキです
 少し固めのフルーツケーキのようでもあり
 ケーキというよりはパンのようでもあり…

この<ティーブラック>は<バーンブラック(干しブドウ入りパン)>とも言われます
“バーン(barm)”というのはパン種を発酵(イースト発酵)させる働きのあるお酒
を表す古い英語“beorma”から来ているそうです
つまりは昔はウィスキーではなくこのバーン(barm)を使って作っていたのでしょうか?
ということは 昔のものはもっとパンぽかったのかもしれないの?
なんてことをちょっと思い描きながら作りました
Irish Whisky Brack Cake  (Tea Brack)_d0133320_0212051.jpg
そんなわけで? この<ティーブラック>はトーストしてバターをつけていただくのも有りで
朝食のパン代わりにもなります ちょっと甘めですが…
材料にバターを使っていない分こうしてバターを塗ると
また違うおいしさが口いっぱいに広がります

トーストして温かいところにバターを塗ると生地の中にバターが滲み込んで美味しい!
試食の時には冷めたものにバターを塗っていただきましたがこれはこれで美味しい!
撮影時に入れるのを忘れていましたが 紅茶は断然“ミルクティー”がお薦めです
(そう想定してスポードのブルーイタリアンを使ったのに…  泣)
# by moonlight_ts | 2015-01-16 21:48 | Tea Time

八ヶ岳のお正月-最終日

八ヶ岳高原ロッジでのお正月明けての2日目は晴天
朝食を摂るレストランのテラスでは餅つきがあります
そのレストランからの秩父連山の眺望は素晴らしく
鳥が朝食を摂りにここのテラスに次々にやってきます
八ヶ岳のお正月-最終日_d0133320_22334518.jpg

“腰が痛いから今回は美鈴池までの散歩は無し!”
と言っていた主人でしたが腰の調子が戻ったのかあまりの好天に誘われてなのか
“やっぱり行こう〜 今日は素晴らしい眺めだろうね〜”
八ヶ岳のお正月-最終日_d0133320_22333668.jpg
オラフらしき雪だるまに見送られ雑木林の中のあちこちの別荘を横目に見ながら
ギシギシキュッキュッと雪道を20分程歩きます
昨日の降雪と零下の気温で雪を踏みしめる音が心地よい
他の季節にこの路を歩くときより雪道の方が歩きやすい気がするのは何故?
最後の急坂も夏には息切れがするくらいなのに…

これを昇り切るとそこには美しくも力強さを感じさせる八ヶ岳が
八ヶ岳のお正月-最終日_d0133320_22332961.jpg
この美鈴池から見えるのは八ヶ岳最高峰の赤岳、横岳、硫黄岳の三峰
ちなみに雪の無い時の景色はこちらをご覧ください
回れ右をすると後方には秩父連山が
八ヶ岳のお正月-最終日_d0133320_22332233.jpg
こちらもとても奇麗に見えます
日差しはあっても風が強くて(カメラのカバーを飛ばされてしまいました)
とても寒いのですがこうして写真で見ているとなんだか暖かそうに見えますが
決してそんなことは無いのです
歩いていると感じないですが立っているだけだと早く帰りたい!と思うほど寒い!!!
でもあまりに奇麗な景色に見とれて時間を過ごしました
八ヶ岳のお正月-最終日_d0133320_234533100.jpg

そしてお正月の八ヶ岳の旅の最後はいつも通り
八ヶ岳高原ロッジの陶芸工房で体験陶芸を
八ヶ岳のお正月-最終日_d0133320_2233136.jpg
またしても『タタラ作り』を選び 二人とも今回は小鉢を作りましたよ
出来上がってくるのが楽しみです

今年は穏やかな年明けを過ごすことができ
感謝の気持ちをいっぱい胸に抱いての一年のスタートとなりました
# by moonlight_ts | 2015-01-08 22:32 | 旅あちこち
line

いとしきものたちとの日々は毎日が特別な日♪


by moonlight
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31