--毎日がSpecial♪♪-- Everyday is the Special Day

moonlight7.exblog.jp ブログトップ | ログイン

身曾岐神社の薪能鑑賞 2023


8月3日は、毎年、身曾岐神社の薪能鑑賞です。

コロナ蔓延などのため4年振り・・・


池の上に浮かぶように作られているこちらの能楽殿は『美』そのもの。

舞台・橋懸り・鏡の間・貴人席と、能舞台本来の姿で屋外に建立された我が国屈指であるとか。その素晴らしさには10数年前に初めて訪れた時に心奪われました。

ここで薪能が毎年開催されると知って、それ以来、できるだけ参加しています。


身曾岐神社の薪能鑑賞 2023_d0133320_02025135.jpg


身曾岐神社での「八ヶ岳新能」は例大祭の前夜に行われる宵宮の神事ですので、まずは『清祓(きよはらい)の儀』が執り行われます。宮司さんと神官の方が神橋を渡って能楽殿にしずしずと入場。


静寂の中で宮司さんが

 鬼門(北東)

 能楽殿の建つ池(神池)

 参加の観客

に向かって弓を鳴らして矢を放つしぐさをしての払いの儀式により、場全体を清めた後には、本殿に向かって祝詞を奏上されます。会場全体がとても厳かな雰囲気に包まれ、そんな空気の中で演目が進行してゆくのです。


宝生流の辰巳満次郎さんの解説に続いて演じられたのは

 狂 言:磁石(野村萬斎)

 能物語:国栖(榎木孝明)

 能  :国栖(宝生和英、辰巳満次郎)

身曾岐神社の薪能鑑賞 2023_d0133320_23275037.jpg

狂言では、萬斎さんの滑舌の良さと巧みな語り口調と動きに見惚れ聞き惚れ...


狂言と能の間の夕闇が迫る頃には、この日のハイライトである二つ目の御神事の『篝火点火の儀』があります。


身曾岐神社の薪能鑑賞 2023_d0133320_01024680.jpg
身曾岐神社の薪能鑑賞 2023_d0133320_01025613.jpg

点火される松明の火がこの行事の場をぐるりと渡ってゆきます
身曾岐神社の薪能鑑賞 2023_d0133320_23462416.jpg
厳かな点火の儀の瞬間です

先ほどは矢で射て払いを行いましたが、こちらは点灯した篝火で清め祓う儀式です。

時間の経過とともに暗くなった中で力強く、パチパチとはぜながら舞台をほの明るく照らし、篝火は能の幻想美をより一層際立たせます。


続く能物語は、これから能舞台で演じられる能の内容を、榎木孝明さんが科白や演出に沿って、現代語でなされる朗読劇です。それがいつしか能の場面に移ってゆく・・・という流れでした。


毎年、狂言1本、能2本演じられていたのですが、昨年から能も1本になり、演じられる能を榎木さんの朗読劇で紹介される形になっていました。それが好評で今年もこのスタイルになったとのこと。


確かにこの構成ですとこの後の能の舞台がとても解りやすかったです。

でも、であるならば・・・ごめんなさい!!辰巳満次郎さんの解説タイムでの能の部分の解説は不用な気が...

個人的には、そう思えるのでした(実はこの長い解説タイムが後に影響することに)


能の『国栖』は、壬申の乱で大海人皇子が吉野川に逃れた先が舞台となっています。


-------------------

古代のカリスマ「天武天皇」となる大海人皇子のまだ若い頃のこと。


逃れた先の国栖という地で、結果として占いのようになったある出来事から『吉』の兆しが読み取れ、というところで大友皇子側の追っ手がやって来ます。がこれを退散させると、その夜中に天女や蔵王権現が現れて、天武天皇の御代を護り寿ぐ舞を舞う・・・

-------------------


後半のシテである蔵王権現の出で立ちは今回、髪、面、衣装、それぞれが通常のものではなく、特殊演出されていてとても風格あり美しく、その重厚さに圧倒されました。

天女の舞がかなり長く、私の個人的な我が儘で勝手な要望(汗)としては、蔵王権現の方をもっともっと拝見していたかった・・・という思いを抱きながらのお開きとなりました。

身曾岐神社の薪能鑑賞 2023_d0133320_00362019.jpg

進行してゆく舞台の全てが池に映り込み、それを心ゆくまで観ることが出来る素晴らしい座席での鑑賞でした。舞台と鏡の間をつなぐ橋懸りを往き来する様子もじっくりと観察することもできました。


能舞台の下が池というのは、光も音も水面で反射させて舞台に届ける、照明設備や音響設備のようなものなのだそうです。能楽師や謡の声、囃子方の笛や大鼓小鼓の音などを思った以上にに遠くまで届けることができるのだとか。

池は見た目の美しさの他に、そんな機能まであったのですね!


因みに、能舞台の下が池では無いという場合は白い玉砂利が敷かれているのですが、こちらは光は反射しても音は吸収してしまうということで、池の上に能舞台あるというのは、実は、本格的な能舞台の造りなのだということを知りました。

身曾岐神社の薪能鑑賞 2023_d0133320_00382990.jpg

何度も通っている身曾岐神社の薪能鑑賞の中でも今回は まさかの一番左端 の席。しかも舞台からとても距離があるということで、どんな鑑賞になることか...と当日までとても気がかりでした。


でも、舞台をほぼ真横からのような一番左側から観るという位置とはいえ、最前列。池がすぐ目の前の座席。ということで、あんなことこんなこと諸々を、新鮮な驚きや感動でで心ゆくまで堪能でき、本当に素晴らしい夢のような夜になったのです。終わりよければ全て良し・・・ですね。


# by moonlight_ts | 2023-08-04 22:18 | 旅あちこち

《久しぶりの京都旅記録》一日目 その2


< 智 積 院 >

《久しぶりの京都旅記録》一日目 その2_d0133320_19542824.jpg

三十三間堂、養源院のほど近くには、智積院があります。ここは長谷川等伯の『楓図』、その息子久蔵の『桜図』、他にも長谷川一派の障壁画を収蔵していることで有名なお寺です。もう何度も来ている所ですが、やはりあの国宝の障壁画を見ずに通り過ぎることはできません。


収蔵庫の入口で先客とすれ違い、中に入ると誰もいませんでした。寂しい反面、この絢爛豪華な国宝に一人囲まれてなんてラッキー‼︎ と心の中で正直な声が。というのも、前回来た時は大勢の来訪者の中を縫うように、慌ただしくささっとしか観られなかったものですから。


入口の解説ボタンを押すとゆったりした声で館内の作品が順に解説されます。これを二回聴きながら順繰りに観て、後は『楓図』「桜図』の前で正座して魅入っていました。


《久しぶりの京都旅記録》一日目 その2_d0133320_20061594.jpg
等伯の楓図と久蔵の桜図 (撮影禁止ですので智積院HPより)

画力が父を超えると言われたほどの天才絵師久蔵が『桜図』を描いたのは24歳の時。ですが、完成した翌年に久蔵は亡くなってしまいます。


長谷川等伯は石川県七尾の生まれ。武家出身ながら染物屋に養子に出され、そこで絵の手ほどきを受け仏画を描いていました。養父母が亡くなってから絵師として成功したいと京都に出ます。そこで扇面絵師となった等伯が、狩野派と対立しながらも時間をかけ苦労や努力を重ね大成し、息子も立派な絵師となりました。


秀吉から命を受け二人揃って傑作を書き上げたすぐ後に息子を亡くしたのです。等伯の胸中はいかばかりだったでしょう。この障壁画を前にすると、いつも胸が熱くなります。


満開の桜の花びら一つひとつが胡粉を何度も塗り重ねて描かれている桜図ですが、もう、かなりその胡粉が剥がれ落ちています。満開の桜が散ってしまったかのような目の前にある『桜図』。久蔵の命が儚く散った様とどうしてもリンクしてしまいます。


10年ほど前に訪れた時に、御住職が同業御家族を案内されて収蔵庫にみえた時のこと。御住職が照明を落としました。すると、この『桜図』の桜がまるで夜桜のように暗い中にボーッと浮かび上がり、その幻想的な光景に息を呑みました。とてもとても美しかったです。


きっと、こんな風に夜桜に見えることも想定して胡粉を厚く塗ったのでしょうね、としか思えませんでした。そんなことを思い出しながら暫くぼーっと眺めていましたが、この時期だからこそ持てた時間だと思います。また良い想い出が一つ増えました。

《久しぶりの京都旅記録》一日目 その2_d0133320_19543460.jpg

《久しぶりの京都旅記録》一日目 その2_d0133320_19543790.jpg
名勝の庭園が講堂の前に広がっています



< 清 水 寺 >


時間があったので、清水寺まで足を運びました。着いた頃は既に日が落ちる前。ちょっと駆け足になります。参道である産寧坂まで来ると、まだまだ人通りは少ないものの、ようやく観光地らしい雰囲気になりました。山門の前では何組もの人達が、修学旅行生の幾つものグループが、あちこちで記念撮影を楽しんでいます。

《久しぶりの京都旅記録》一日目 その2_d0133320_20252044.jpg
三門の周りにはそれなりの数の観光客がみえました
《久しぶりの京都旅記録》一日目 その2_d0133320_20252311.jpg
振り返ると夕焼けの気配が


世界遺産に登録された清水寺は『清水の舞台』があまりにも有名です。本来は能や舞を仏様に奉納するための場所で、この舞台は本堂から突き出ていて、その高さ18mとか。

《久しぶりの京都旅記録》一日目 その2_d0133320_21154773.jpg


奥宮の方に何やら大勢の人が… 。

実はこの時間に清水寺に来たのは、この場所に立つためでした。

“夕焼けを背にした清水の舞台”を見てみたかったのです。そして、本堂と舞台を背景に記念撮影する撮影スポットが、奥宮なのです。

《久しぶりの京都旅記録》一日目 その2_d0133320_20482639.jpg

今日の天候では夕焼けは無理。そう思っていましたが、清水寺に着き西の空を見てニヤリとした私です。日が落ちてからの方が空が紅くなるのはわかっていながら、一人だったので暗くなる前にと、後ろ髪を引かれながらもこの場を後にしました。

それでも、大満足の、久しぶりの京都旅の一日目でした。



# by moonlight_ts | 2021-10-19 23:30 | 旅あちこち

久しぶりの京都旅記録 一日目 その1

京都に3日間の旅をしました。旅らしい旅は久しぶりになります。
京都に着くと、修学旅行の集団にいきなり出会い、生徒達は以前と同じように元気で、知らない土地に来たワクワク感にあふれています。大勢の人が集まるこうした光景からずいぶんと遠ざかっていたこと、2年弱もの間お籠もり生活をしてきたんだなということに改めて気付かされます。

そして、人出はまだまだ少なく、初日は三十三間堂〜養源院〜智積院〜清水寺と廻りましたが、清水寺の参道で徐々に賑わいが戻ってきているのを感じたくらいで、他は観光地の人通りの多さからはほど遠いものでした。でも今回はその恩恵を受けて訪問先は静かで、ゆっくりと国宝の建造物や美術品を鑑賞することができました。

<三十三間堂>
久しぶりの京都旅記録 一日目 その1_d0133320_22144327.jpg

久しぶりの京都旅記録 一日目 その1_d0133320_21502623.jpg
三十三間堂は昨年お正月に来た時には堂内は身動きできないほどで、通勤ラッシュアワーですか?と思うほどでしたので、人と観音様がとにかく沢山、という印象しかありません。が、今回は 二十八部衆や風神雷神像などは間近でいくらでも!! 状態です。丹念に一つひとつを心ゆくまで鑑賞しました。

千体の『千手観音立像』と一体の『千手観音菩薩座像』。それに加えて二十八部衆・風神・雷神がずらりと並ぶ様はとにもかくにも壮観な眺めです。そしてなんと、一昨日から11月末までの設置だという『秋雲壇』がありまして。

これは何かと言うと、通常の目の高さより1.2m上から立像群を見ることができるというものです。上って眺めてすぐに『これは凄い!!』と思わず口にしてしまいそうでした。少し上から見ただけでこんなに迫力が違うとは驚きです。通常も設置していればいいのに、と思いますが混雑時は邪魔になってしまうのでしょうね。

真ん中の千手観音菩薩座像の左右両側に50体×10列ずつの立像が並び千体になるわけですが。通常だと3列目くらいまではどんなお顔か確認できても後方はもう、お顔全体はわかりません。千体のお顔は一体一体違い、必ず一体は自分と似たお顔の観音様いると言われています。

ですが、秋雲壇に上って見ると、金色のまばゆいばかりのお顔が500、1000と、こちらを見ているように感じるわけです。これには興奮してしまいました。幾重にもなっている大勢の観音様とただ一人で(ほぼ貸し切り状態でした)対面しているのです。この圧倒的群像とそんな状況で向き合えるのですから無理もありません。自分と似た観音様は居るかしら? もはやそんな思いは吹き飛び、頭に十一面のお顔があり手が四十二本ある観音様が千体並んでいる様に、ただただ見とれるばかりでした。

自分の代を一代目として両親が二代、祖父母が三代……十代遡ってその数を合計するとご先祖の数は1022人。ここに居る(敢えて居ると表現します)観音様、観音菩薩様、28部衆、風神雷神を合わせると1031体。それはもう、十代遡ったご先祖さまがここにおられるようなものです。そう考えるとここに立っていると夥しい数のご先祖様に見守られているような気になるというものです。本当にありがたい圧倒的壮観さです。

堂内の両脇にある風神・雷神も今回は心ゆくまで鑑賞することができました。俵屋宗達の『風神・雷神図』は三十三間堂のこの風神・雷神像がモデルになったと言われています。
久しぶりの京都旅記録 一日目 その1_d0133320_21563214.jpg
久しぶりの京都旅記録 一日目 その1_d0133320_22130693.jpg
本堂の周りをぐるりと一周 西側廊下ではこの120mの距離を競う『通し矢』が行なわれてきました


<養 源 院>

あの有名な『風神・雷神図』を描いた俵屋宗達が無名の頃に描いた杉戸絵が三十三間堂の東向かいの養源院にあります。


その杉戸絵の『白象図』を見たいと思ったのは、原田マハさんの小説『風神雷神』に登場し妙に惹かれるものがあったからです。長い年月を経ても、描かれた当時のままの形でその場で観られるのも嬉しいですし。ただそれだけの思いでしたので、養源院のことを調べることなく出かけてゆきました。


以前、友人からは、“養源院ではなんとも怖い話をうかがった”と聞いてはいたのです。そのことがすっかり頭から抜け落ちておりまして。門前で、とある看板を見て“あ‼︎ これは…”と、不安な気持ちが頭をもたげることとなりました。

久しぶりの京都旅記録 一日目 その1_d0133320_23192360.jpg
ギョッ…とした看板は写真枠外の右側にあります


『養源院』は浅井長政の院号だそうです。長政の娘である淀君が父の21回忌の供養のために秀吉に願い出て創建されました。その後、淀君が亡くなった際には、妹のお江が今度は淀君と秀頼を養源院で供養することとなります。お江の父や姉を供養したその大事な寺が創建25年後には落雷で焼失してしまいます。

久しぶりの京都旅記録 一日目 その1_d0133320_13014095.jpg

そして、お江の願いでこの寺を徳川家のために再建して以来、徳川家の菩提所となるのですが、それが丁度400年前、1621年のこと。本来なら養源院さんでは今頃《再建400年》を祝う行事が行われていたことでしょう。

久しぶりの京都旅記録 一日目 その1_d0133320_23412775.jpg
徳川家の美しい三つ葉葵紋に迎えられます

再建時には伏見城の遺構を利用しており、実はそれこそが“怖さ”の元だったのです。こちらは自由拝観ではなくお寺の方が案内しながら解説してくださいます。ただでさえ暗い造りの養源院さんで、更に暗い淵に沈み込んでゆくような思いがする史実のお話をうかがいました。その詳細は書きませんが、日本史好きな方はご存知かもしれませんね。気になる方は検索してみてください。“私は行った時に話を聞いて驚きたい!”という方はそのままそっと・・・ ・  ・


そんな訳で今日のどんよりした天候も相まってか、案内の方が “暗くてすみません”とおっしゃると、また暗澹たる思いが広がります。


そんな空気を和らげてくれるのが宗達の杉戸絵でした。当時の凄惨な亡くなり方をした方々の魂を慰めそっと包み込むような、優しい『白象図』。他に『唐獅子』『麒麟』という架空の生き物の杉戸絵があり、どこかユーモラスで温もりがあり、杉戸一面いっぱいにに描かれた奇抜な構図の中にも純真な無邪気ささえ感じます。

久しぶりの京都旅記録 一日目 その1_d0133320_14065128.jpg
↑ 堂内は撮影禁止ですので 絵はがきです


杉戸のそれぞれの配置や開閉時の見せ方などにも独創的な工夫があり、宗達が、平面ではなく菩提寺の空間を立体で捉えてこの仕事を創りあげたのが見て取れました。


波立った心も最後は穏やかで平らかになり、宗達が示してくれた魔法の扉に満足し外に出ようとすると、既に門を閉めたので横の小さな杉戸をくぐってお帰りくださいと言われました。


時計はまだ3時ですが


(長くなりました。一日目続きます・・・)


# by moonlight_ts | 2021-10-19 22:30 | 旅あちこち

東国三社巡り-その3 《香取神宮》

東国三社巡り-その3 《香取神宮》_d0133320_15564190.jpeg
今月初めのバスツアーでの東国三社巡り、最後に行ったのは香取神宮です。このゆったりと構えて力強く美しい存在感溢れる社殿に心奪われました。

☆   ☆   ☆

バスから降りると参道がちょっとした商店街になっていて、昭和ムード感を味わいました。大きな赤い二の鳥居を過ぎてからは、深い鎮守の森の風情に変わります。
東国三社巡り-その3 《香取神宮》_d0133320_15292350.jpg
ここから香取神宮の森の中へ
東国三社巡り-その3 《香取神宮》_d0133320_15293272.jpg
参道の両脇の石燈籠には鹿が描かれている物が多数

神池や総門、狛犬、楼門と、立派で神威が降り注いでいるのを感じるものばかりです。
東国三社巡り-その3 《香取神宮》_d0133320_15294579.jpg
「あなたが落としたのは金の斧ですか?銀の斧ですか?」  
と問う精霊が出てきそうな雰囲気の神池です

東国三社巡り-その3 《香取神宮》_d0133320_15300996.jpg
三の鳥居と総門が見えてきました

東国三社巡り-その3 《香取神宮》_d0133320_15301755.jpg
楼門の扁額の揮毫は鹿島神宮のものと同じく東郷平八郎

香取神宮は日本全国に約400社ある香取神社の総本社で、日本書紀の「国譲り神話」に登場する経津主大神(ふつぬしのおおかみ)が御祭神です。古事記では、香取神宮の御祭神である武甕槌大神の別名として記され、同一神としています。
古事記では一柱で国譲りの交渉、日本書紀では二柱で交渉し主に経津主大神が活躍した、ということになっています。
東国三社巡り-その3 《香取神宮》_d0133320_15290544.jpg
拝殿周辺は厳かな気に満ちています

出雲の国に天降って大国主命と話し合い、大国主の国譲りの交渉を成就し、日本の建国に挺身された。ということで、古くから国家鎮護の神として皇室からの御崇敬が最も篤く、特に『神宮』の称号を明治以前から持っていたのは伊勢・香取・鹿島の三社だったとのことです。鹿島神宮の武甕槌大神も香取神宮の経津主大神も、共に剣神、武神、軍神という神格を持っています。

古くから今に至るまで、武道分野からの信仰が篤い神社だそうで、この日、ツアーバスでご一緒だった若く体格の良い男性が、お一人でご祈祷を受けておられましたが、もしかしたら何かの試合の『必勝祈願』でしょうか? スポーツ大会・試合の勝利を願う多くの参拝者がおられるそうです。
東国三社巡り-その3 《香取神宮》_d0133320_15303042.jpg
拝殿後方の社殿は透塀の屋根の工事中でした

こちらでも横詣りしようと裏手に回り込んでみると、『トントントン トントン・・・』まるで太鼓の練習でもしているような音が聞こえてきました。
見上げると、拝殿の後方は全て工事中の幕がかかっていて、この日はどうやら透塀の屋根の檜皮葺工事。うっすら透けて工事の様子が見え、思わぬ檜皮葺き見学が出来ました。一枚ずつ、少しずつずらしながら重ねていく工法で、あのなんとも言えない綺麗なカーブが出せるのですね。
東国三社巡り-その3 《香取神宮》_d0133320_15304159.jpg
拝殿の基本は黒漆塗り・組み物に極彩色の装飾・屋根は檜皮葺。というこの建築的にも美しく力強く存在感溢れる佇まいに魅せられた私、珍しく記念撮影をパチリ… 
巫女さんまで映り込んで、なんとも良き記念撮影になりました。

そろそろバスに戻る時間が近づいてきました。ちょっと急ぎつつのバスまでの途中に、奥宮と、この地出身で剣聖と言われている、天真正伝神道流(神道流)の武術の祖 飯篠長威斎のお墓に寄ります。
東国三社巡り-その3 《香取神宮》_d0133320_15305143.jpg
飯篠長威斎のお墓
東国三社巡り-その3 《香取神宮》_d0133320_15311155.jpg
経津主大神の荒魂が祀られる奥宮は伊勢神宮御遷宮の折の古材に依るもの

東国三社巡り-その3 《香取神宮》_d0133320_16513732.jpg
急な下り坂を下りてゆき香取神宮ともお別れです

竹林に囲まれた奥宮の清々しさ、バスまでの路の素朴な風景、雨上がりの緑と爽やかで澄んだ空気。しばらく触れていなかった、体中が喜ぶ感覚を覚えます。長いマスク生活に息苦しい思いをしている日々でしたが、思わず少しの間マスクを外して、胸一杯に綺麗で美味しい空気を吸い込んでから帰路につきました。

# by moonlight_ts | 2021-07-12 18:50 | 旅あちこち

東国三社巡り-その2 《息栖神社》

鹿島神宮を後にして向かった先は息栖神社です。
東国三社巡り-その2 《息栖神社》_d0133320_23141381.jpg
東国三社巡り-その2 《息栖神社》_d0133320_22104795.jpg
こちらの主祭神は、古事記で登場する名は“衝立船戸神(つきたつふなとのかみ)”、日本書紀では別名の“久那斗神(くなどのかみ)”です。また、相殿神として“天乃鳥船神”“住吉三神”がおられます。

「船戸」は「船門」で港、港は交通の要衝として人の出入りが頻繁です。そのため“フナト(クナト)”は邪悪なものの侵入を防ぐ道の神という説があります。また、神話では国譲りの際に、鹿島神宮の武甕槌大神と香取神宮の経津主大神を東国へと先導した神です。

 “衝立船戸神”は 厄除と陸の交通守護
 “天乃鳥船神”は 空の交通守護
 “住吉三神”は  海の交通守護
という、それぞれのご神徳があるそうです。
大きな旅に出る前などに参拝されると良いのではないでしょうか。

境内には、ここでも夏越の大祓の茅の輪が残されています。6月30日が終わったら片付けてしまうというわけでもないようですね。
東国三社巡り-その2 《息栖神社》_d0133320_23072939.jpg
添乗員さんとは顔馴染みという宮司さんがいらして、境内の説明をしてくださいました。なんでもこちらには7つのパワースポットがある、と力説しておられました。

その七つとは・・・
御本殿、御神木、招霊(オガタマ)の木、梛(ナギ)の木、御衣黄桜、稲荷神社、忍潮井の男甕・女甕
になります。
東国三社巡り-その2 《息栖神社》_d0133320_22131967.jpeg
御本殿は、鹿島神宮や香取神宮のように大きくはなく控え目です

東国三社巡り-その2 《息栖神社》_d0133320_22154015.jpg
御神木は樹齢1000年ほどの夫婦杉

東国三社巡り-その2 《息栖神社》_d0133320_22241258.jpg
左上:招霊の木は、5月頃に小さく可憐な花を咲かせるそうです
右上:梛の木はナギが海の凪に通じることから、穏やかに全てが円満に収まるお守り
下:御衣黄は咲き始めは淡い緑色がかった珍しい桜

稲荷神社は、宮司さんのお話が伸びて集合時間が迫って時間が無くなり、それより忍潮井へと・・・泣く泣く手前で拝礼のみとなりました。

一の鳥居は境内に向かう二の鳥居からは100mほど反対の、利根川の支流・常陸利根川沿いにあって、江戸時代の水運の拠点、鳥居の先は舟溜まりになっています。その一の鳥居の左右には大小の鳥居が立ち、その元にはそれぞれ井戸があります。
東国三社巡り-その2 《息栖神社》_d0133320_23173876.jpg
東国三社巡り-その2 《息栖神社》_d0133320_23301257.jpg
それぞれの井戸の底には “男甕” “女甕” があり、その甕からは真水が湧き出ているのです。その湧き出る水が“忍潮井”と呼ばれるもので、日本三霊泉と言われています。甕は両方とも1000年以上も清水を湧き出し続けてきたのだそうで、水が澄んで甕を見ることが出来れば幸運が訪れると言われているそうですよ。

因みに、今回私たちはちゃんと見ることができたので幸いが訪れるのを楽しみに^^
こちらでは時間があまり無く、それほど広くはない境内だというのに、なんだかバタバタせわしない<見学のみ>となった感があり、そこがちょっと残念でした。

ですが、古くから伝わってきたものや行事や謂われを、日々大切に守り繋ぎながら粛々と暮らしている日本の良さを感じることができるのはとてもありがたいもの。自分の暮らしぶりやいろいろなものを見る視点を見返してみる良い時間にもなりました。

# by moonlight_ts | 2021-07-04 12:00 | 旅あちこち
line

いとしきものたちとの日々は毎日が特別な日♪


by moonlight
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31