--毎日がSpecial♪♪-- Everyday is the Special Day

moonlight7.exblog.jp ブログトップ | ログイン

4日目午後 工房巡りの半日

絵画に彫刻に建築物。フィレンツェは観たいものがあまりにも豊富過ぎます。中世から様々な文化が開花したこのフィレンツェは、職人の街でもあり、私たちが知っているルネッサンス時代の有名な画家や彫刻家のいわゆる芸術家たちも、元々は職人としてがその道の始まりでした。

“伝統工芸を支えている職人さんの作業現場を見学したい!”
そんな思いが、旅のスケジュールを考えていた時に湧いてきました。行きたい所、観たい内容の希望をいくつか出してガイドさんに連れて行っていただきました。


<モザイク工房/ PITTI MOSAICI>

オーナーの奥様(ヨーロッパナイズされた素敵な日本人マダム)が、ショールームと工房を案内してくださいました。ショールームに展示されている、目にも麗しく豪華な丸テーブルを前に
「こちら、聞いたらひっくりかえってしまうほどのお値段なので言えません…」
といきなり言われ、目を丸くする私たち。
d0133320_12383890.jpg
(残念ながらその品は撮影不可 このモノクロ作品を遥かに豪華にした上品な色合いのものでした)

一体、この工房はどんな所から依頼が来て、どんな芸術品を納めているのでしょう? 
工房に入ると、大きな貴石が色別にゴロゴロ。棚の引出しの中にはスライスされた石がザクザク。こうして置かれていると、ただの大きな石?
d0133320_00514392.jpg
そこに、職人さんがスプレーボトルを持って現れ水をスプレーすると・・・ツヤツヤとした綺麗な色と石の持つ表情が現れます。スライスして磨けばもっと綺麗になるのが解ります。

半貴石の自然な色とテクスチャーを使って絵を描く、とでもいうのでしょうか。『Painting in Stone』と書かれています。

奥に進むと熟練職人さん二人の方が作業中。下絵に合わせて色石を選び、スライスされた石のどこを使うか決め、必要な部分を必要な形にカットし、それを組み合わせて貼り付けていく、という細かい作業を繰り返して行っています。
d0133320_23094458.jpg
上:“これが草原、こっちが空に使われるんだよ”
下:空をバックにした遠景の糸杉の小さなパーツを調整中
右下の4つの細長い糸杉のパーツ、見えますか?

この小さな小さなパーツをカットするのが、なんと、ルネッサンス時代から継承されている方法で、その名も『ハンドカッティング』。弓状の針金鋸を使い、砥石の粉を付けながら切るのですが、このレトロにして繊細且つ優雅な姿に見惚れます。
d0133320_01132496.jpg
d0133320_21594749.jpg
こちらもお土産用の額装にする作品作りで、蜜蝋付けの作業中

遠い昔から、モザイクで壁や天井や調度品を飾っていたことを思うと、石からアートを生み出すアイデアや技術がこうして大切に受け継がれて、一心不乱に製作している職人さんの姿を見ると、敬服の思いがフツフツと湧いてきます。


<彫金細工・メタル工房/Giuliano-Ricchi>

55年この仕事一筋というジュリアーノさんのメタル工房では、真鍮、銅、銀などで小物やアクセサリーを作っています。訪れると、ノスタルジックな古びた階段で地下に通されました。なんとも時代がかったというか、ルネッサンス時代もきっとこんなだったに違いない、と思われる古色蒼然とした作業場でした。

そんな中、ジュリアーノさんが喜々として次から次へと作品の説明をしてくれます。
「こうして型に真鍮の板を載せてプレスすると…
 ほら、こんな風になるのをいろんな製品に使うんだよ」
d0133320_23112776.jpg
「この小物たちは昔から伝わるロストワックス製法で
 こんな風にクリスマスのオーナメントも
 ここの作品はこうした二つの技法で作っているんだ」
d0133320_23215557.jpg
これはディオールに納めた物、こちらはグッチからの依頼、これはサンタマリアノヴェッラから委託されたもの云々… 小さく可愛らしいものからフォトスタンドなど大きなものまで、本当に沢山作っています。

「1€持っていたら面白いものをお見せしましょう」
一人が1€を差し出すと何やら四角いスチール製の型に載せて、一世紀働いているというプレス機に通しました。
すると、丸いコインが楕円の形になり、しかも、フィレンツェの市章であるユリの紋章がレリーフとなって押し出されてきました。
「わ〜〜♪」
女子ですねぇ、、、記念に、私も私もと。
ジュリアーノさん、嬉しそうに結局4回もプレス機をかけることに!

1階に戻るとショップでは奥さんやお孫さんが会計や包装を手伝い、家族総出のお見送り。自分が今できることをして家族ぐるみで工房を維持していくってなんだかいいな〜。とてもアットホームで、心がほんわりと優しく温かくなる工房でした。


<銅板印刷工房/L'Ippogrifo Stampe d'arte>

次に行ったのは、繋ぎの時間にとガイドさんが予定に入れていてくれた、なんだか厳ついおじさんがやっておられる銅板印刷、エッチングの工房です。

いかにも職人さんらしい感じ。必要なことを一通りきっちりと説明した後、デモンストレーションが始まります。
d0133320_08441655.jpg
あぁ、、中学の美術の時間にエッチングの作品を作ったことが思い出されます。銅板にニードルでひっかくように絵を描いて、こんな風にプリントするんだ!! と、初めての経験にとても興味を抱いたことが懐かしく思い出されます。

銅板エッチングは、ヨーロッパ各地で1500年代から印刷の始まりとして使用された技術です。銅板に正確にデザインを彫りこんで版を作るのは一番大切な作業で、失敗は許されません。
d0133320_23435190.jpg
マエストロのジャンニさんは生粋のフィレンツェっ子。一流のAcademia Delle Belle Arteという美術学校を出てアーティストの道に進まれたそうです。そして、息子さんが跡継ぎとして勉強中とのこと、ジャンニさんも頼もしく思っているでしょうね。

生真面目なジャンニさんらしく、作品はサイズ別・ジャンル別に、整然と分けられ展示販売されていました。私はカラーをつけたものより、明暗のみで表現する単色のエッチングが好きで、以前は数枚部屋に飾っていたことも。エッチングの味わい深い描写を楽しむために、出してきてまた飾ろうと思ったのは言うまでもありません。


<額縁塗装、修復/レオーネ工房>

絵画につきものの額縁ですが、美術館に展示されているものの中には、あまりに豪華な額の方に目がいく、なんてことがありませんでしたか? 誰がどんな風にこんな凄い額を作るのだろう!? よく思ったものです。
d0133320_09003349.jpg
レオーネさんの工房は、なんと! 世界中の名だたる美術館からの依頼で、その豪華な額縁たちを修理したり依頼されたりする工房でした。凄いです!!

そのように貴重な品を扱うからといって作業現場が仰々しいという様子は微塵もなく、レオーネさんの娘さん二人が楽しそうに朗らかに仕事をしていました。こちらがびっくりするほどのフランクさと底抜けの明るさです。これがイタリアン!? でも、作業中のまなざしは真剣です。
d0133320_09360413.jpg
金箔を少しずつ貼っていく作業は見ている方が緊張します

長女のシモ-ナさんと次女のヴァレンティーナさんが父親の仕事を受け継ぐことに喜びを感じているのが真っ直ぐに伝わってきます。

父である『レオーネさん』の呼び名は実はニックネーム。若い頃はふさふさとした金髪でまるで雄ライオンのよう、と皆がレオーネと呼んで、工房の名にも使用したそうです。このレオーネさん、この道63年… 
d0133320_09502297.jpg
奥にも作業場があり、レオーネさんはそこで作業をしていましたが、金庫から額を取り出し、明日にも納めるというとても貴重な額を“内緒だよ”と言って見せてくださいました。つつましいながらも自信と誇りと喜びでいっぱい、といったお顔でした。

熱烈歓迎と言うけれど、長時間に渡って額の修理現場を説明してくれた姉妹の見送りも熱烈そのもの。
記念にと額の中に収めてくれたり
d0133320_10051089.jpg
額に入ってパチリ、わいわいと一緒にパチリで楽しい♪

ハグ&両頬にキス!のイタリア式挨拶をしたり。
『来てくれて楽しかったわ、ありがとう♪』
『またいつでも来てね!』
形式的ではない、アチチというくらいの熱量が伝わってくる別れの挨拶に感動(どこに感動しているんだか…?) 素敵なおもてなしでした。


<革小物工房/Il Bussetto>

16歳の時から革工房に弟子入りしたというジュゼッペ・ファナーラさんは、阪急百貨店梅田本店で開催される"イタリアフェア"に何度もいらしているそうです。

イタリアに古くから伝わる縫い目のない革の加工技法で、『イル ブッセット』というブランドを立ち上げています。イタリアでなめされた上質な革を使い、一つ一つ丁寧にハンドメイドされた馬蹄形の小銭入れは知る人も多いことでしょう。
d0133320_21241491.jpg
自ら工房を持って30年。息子さんが伝統的な職人仕事を未来へ継承するべく、父親の仕事を手伝いながら修行を重ねているとか。

製品がなくなってきたら一つのアイテムをまとめて作るそうで、馬蹄形の小銭入れを製作中でした。ということで、ショーケースにこの小銭入れは一色が僅かにあるだけで、
「好きな色がなくてごめん! 今作っているこれは、色を塗って乾かして、出来上がるのは明後日だね」

友人はご主人の還暦祝いにと、メガネケースに刻印を入れて貰っていました。素晴らしいプレゼントゲット、いいですね〜

☆   ☆   ☆

フィレンツェには何世紀も変わらずに続けている工房も、近年なって立ち上げた工房も、実に様々なものがあります。

日本の伝統工芸もそうですが、引き継ぎ手の不足、職人の高齢化という現実は、このフィレンツェでも同じです。後継者がいなくて工房を閉じてしまう。実際、希望を出した額彫り職人さんの工房が3年前に閉じてしまっていて見学叶わず、ということも。

ガイドさんが他の額彫り工房を見つけてくれました。
「忙しいからちょっと見るだけなら」
とOKしてくれた工房があったのですが、相当お忙しい時期だったようです。
残念ながら工房に入ることはできませんでした。でも、外から見たその様子にはもの凄く心惹かれるものがあり・・・ 
d0133320_21324467.jpg
お店の外から撮影だけ。

どの工房でも、マエストロの腕と技で美しいものが丁寧に時間をかけて作られ、デジタルとは全く無縁の光景、昔ながらの作業環境、道具、手法。それらを長く大切にしてきた様子がとてもよく伝わってきて、強く印象に残る工房巡りでした。
訪ねてみたいところはまだまだあるのです。絹織物や刺繍やレースや家具作り・・・ いつかまた行けますように!

# by moonlight_ts | 2018-10-23 22:00 | 旅あちこち | Comments(0)

4日目午前 フィレンツェの至宝の数々を訪ねて

ロストバゲッジというハプニングがあったため、現地1日目のスケジュールがどこかへ行ってしまいました。そして、2日目はアッシジに足を伸ばしたので、フィレンツェ観光はこの日初めてのようなもの。加えて、フィレンツェ最終日です(あれれ・・・)

観たいものはあちこちたくさん! 効率よく廻りたいけれど、何よりも時間が無い!
そんな状況でしたが、ドゥオーモのクーポラを登り、あのドームの部分がどんな風に二重構造になっているのか見学したい、と、朝一でドゥオーモへ行きました。

使用し始めて72時間以内は、72の美術館や宮殿に予約・行列なしで入場することのできるフリーパス『フィレンツェカード』。これをあらかじめ日本で購入してあります。窓口でのチケット購入や行列にはほぼ無関係です。
“遠くから訪ねる観光客にはありがたいことよね♪”
d0133320_23050153.jpg
スマホに入れたフィレンツェカードには入場毎に訪問先が記録されてゆきます

ところが、入場はできてもクーポラに登るチケット(知ってはいたのですがその場で買えると楽観していました)が、木曜日までsold outとのこと! この日は火曜日です。
あぁ、とてもとても残念!!

それならば、とジョットの鐘楼に登ることにしました。元々、皆さんクーポラか鐘楼か、どちらに登るか迷うところなのです。鐘楼からは間近にクーポラを観ることができるのですから、こちらも期待大です。
d0133320_01462256.jpg
白=信仰 緑=希望 ピンク(赤)=無償の愛、隣人愛
イタリアの国旗の色でもあるこのカラーの大理石が使われたゴシック様式の建築

白、ピンク、緑の大理石で長い年月をかけて造られたドゥオーモやジョットの鐘楼の存在感は半端ではありません。
ジョットの鐘楼は高さ84m。狭い階段を414段上がっていきます。途中、いくつかある小窓から、今いるのがどのくらいの高さか確認でき、その光景になんだかワクワクしてきます。
d0133320_01394803.jpg
階段は狭く長くて急 擦れ違うのはギリギリです
明かり取りの窓からの景色にホッと一息

かなり登ったと思ってもまだまだある階段に、少々くたびれました。日々の運動不足を思い知らされる時です。途中、二箇所ほどの踊り場があり、この憩いの場で元気を取り戻して、最後の一踏ん張り! 

鐘楼の上はグルリと回れてフィレンツェの街を360°見渡すことができます。
d0133320_00180308.jpg
メディチ家礼拝堂やリッカルディ宮殿が

d0133320_00254879.jpg
ヴェッキオ宮殿やウィフィッツィ美術館、遠くにミケランジェロ広場が

d0133320_00235358.jpg
レプッブリカ (共和国) 広場が・・・

“天井のない美術館”と言われるフィレンツェの赤い屋根瓦の美しい街並み。観ていると、安野光雅さんの絵本『旅の絵本』が思い出されました。

そして、何と言ってもこちらの眺め。クーポラがすぐそこに。
ジョットの鐘楼を登る醍醐味ここにあり、です。
d0133320_01312273.jpg
d0133320_01312611.jpg
クーポラ展望所にも観光客が到着し始めたようです

ブルネレスキの設計で1463年に完成したというレンガの積石造りのクーポラは、今尚、世界最大級を誇っているとのこと。それをこんなに間近に観ることができた喜びは、この建物と同じくらいの迫力となって心に残りました。

☆   ☆   ☆

後ろ髪を引かれる思いをわずかに抱きつつ、サン・マルコ美術館へと足を速めました。フラ・アンジェリコの「受胎告知」のフレスコ画は、この場所に行かなくては観ることができないもの。元々が修道院である、ここの中庭も美しいと聞いていました。
d0133320_01570538.jpg
入ろうと扉を押し開くといきなり教会の中。美術館はどこ?と少し戸惑っていると、同じように入口を探している日本人観光客のご夫婦に会いました。教会と美術館と修道院・・・ちょっとゴチャゴチャになります。

が、サン・マルコ美術館は本来がサン・マルコ修道院で、修道院であった一部が美術館として公開され、サン・マルコ修道院に縁の深い美術品が展示されているのです。
中に入ると、あの美しいサンタ・トリニータの中庭にしばし心を奪われます。
d0133320_14495883.jpg
回廊の壁に描かれているフレスコ画もどれも綺麗で心和みます。
ゆっくりとこの場の雰囲気を味わいたいけれども、気持ちは先へとはやってしまい… 1階に展示されているものを観ながら巡っていき、とある角を曲がると・・・
d0133320_02185607.jpg
階段の上で、あの『受胎告知』が柔らかな光りの中で輝いていました。

階段を1段上がるにつれ、崇高な絵が近づいてきます。場面の中に吸い込まれそうな感覚。この幸せな興奮は、本物を、あるべき場所で出会えた時に感じるものかもしれません。
d0133320_02213333.jpg
美しく高潔で優しい表情、ソフトな美しい色合い、そして、天使の翼の虹色にしばし見とれます・・・

フラ・アンジェリコはここの修道士でしたが、修道院の修道士たちが寝泊まりしていた僧坊や図書館が残されています。
d0133320_14360189.jpg
ひと部屋は10畳もないくらいの広さに小窓が一つ

d0133320_14425043.jpg
各部屋に違うフレスコ画が描かれており、ほとんどがフラ・アンジェリコやその一派の手によるものだとか。どれもこれもが美しく安らかで、心穏やかな世界に導かれる思いです。

人格者として名高かったフラ・アンジェリコの本名はグイード・ディ・ピエトロ。フラ・アンジェリコのフラは『修道士』、アンジェリコは『天使のような人』。つまり、『天使のような修道士』と呼ばれていたということになります。フラ・アンジェリコが描く絵は、彼の人柄の現れ、なのですね。

この場、この部屋、今歩いているこの廊下、当時の人々と同じ空間を共有できた感動でいっぱいになりました。

☆   ☆   ☆

午前の最後の行き先に選んだのは、イタリア芸術の巨匠たちの作品が多数展示されている ウフィツィ美術館です。ここを見ずして帰れません。

予約専用入口でフィレンツェカードカードを見せればすぐに入れる、と聞いていたのですが、甘かったです、、。当日チケットの行列はもっと凄いですが、こちらの専用入口も、電話やネットで予約している人、フィレンツェカードを持っている人で一杯なのです。

一体どのくらい待たされるのか?と思っていたら、どうやら100人単位くらいで入れていっているようで、動くときは一気に前進です。それでも、30分は待ったかと。
d0133320_15104681.jpg
入場したらしたで、広くてわかりにくくて、お上りさんの私たち、チケットもぎりの受付に行くまでに迷いました(汗)

さあ!いよいよ名画の数々とのご対面です。2階と3階に展示室があるのですが、3階だけでも部屋が44部屋に分かれています。2階を入れると一体何部屋なの?ですが、これを全て回ると1日がかりとか。

私たちに与えられている時間は2時間弱でした。本当に観たいものだけ、ほぼ駆け足状態での鑑賞です。

廊下は広くて彫刻が置かれ、天井附近にはビッシリと肖像画が並んでいます。当時の人々が画家に依頼して描かせたそれは“夥しい”数だったことでしょう。そして、東西を問わずですが、建築や内装の豪華で緻密なことには本当に驚嘆の言葉しかありません。
d0133320_15271949.jpg
ザザザーッとルネッサンス以前を観てからは、待合せ時間と場所を決め、各自で観たいところを観たい時間配分で回りました。が、“やっぱりね♪ここは観るわよね♪”というところ多く、そこはやはり似た感性の者同士だったようです。
d0133320_19322809.jpg
レオナルド・ダ・ビンチに影響を与えたというフィリップ・リッポの『聖母子と天使』

そして、あまりに有名過ぎるこの2点が想像していたより大きく素晴らしく、見惚れるしかありませんでした。
d0133320_19562353.jpg
ボッティチェリの『ヴィーナスの誕生』

d0133320_19452057.jpg
同じくボッティチェリの『春 (プリマベイラ)』
この2点はやはり凄い人気で観客の壁ができますがスッと人が引くこともあり・・・

d0133320_20204172.jpg
記念撮影もできてしまいます!

d0133320_20364211.jpg
レオナルド・ダ・ヴィンチと師匠であるヴェロッキオとの共作『ヨハネによるキリストの洗礼』

ヴェロッキオ工房で修業していた若きダ・ヴィンチが任されたのが、左端の天使ですが、私たちが見てもその違いは歴然です。師匠は弟子のあまりの腕前に感嘆して筆を折り、絵画から彫刻に転向したのだそうです。

d0133320_20370931.jpg
レオナルド・ダ・ビンチの『受胎告知』
こちらはダ・ヴィンチが20歳頃から30歳頃までに、ほぼ単独で描いた事実上のデビュー作。

そして、次々と見覚えのある作品、見ておきたい作品が怒濤のように・・・ ウィフィッツ美術館所蔵の珠玉の数々が凄すぎます。メディチ家の力が凄すぎます。下の3点も宝物ですね。

d0133320_21222284.jpg
フィリッピーノ・リッピ『幼児キリストを礼拝する聖母』
ミケランジェロ『聖家族』
ラファエロ『ひわの家族』

下の肖像画はラファエロの肖像画の中で唯一夫婦揃った肖像画で『アーニョロ・ドーニの肖像』『マッダレーナ・ドーニの肖像』。妻は『モナ・リザ』と同じポーズをとっています。景色や柔らかなグラデーションなどレオナルド・ダ・ビンチの影響を色濃く感じられるものです。
d0133320_21222820.jpg
ティッツイアーノ『ウルビーノのヴィーナス』
挑発的な女神に対し、家具から衣装を必死に探すメイドがおすすめの見どころ、だそうです。

本当に膨大な素晴らしい作品がこれでもかと並ぶウィフィッツ美術館ですが、絵画はこの辺りで・・・
d0133320_21230640.jpg
もちろん、彫刻の部屋もいくつか


そして、こちらは特別室。『トリブーナの部屋』といってメディチ家の傑作コレクションが飾られた八角形の部屋になっています。ここは室内には入れず、3カ所の間口からの鑑賞になりますが、それは見事な設えでした。
d0133320_19261818.jpg
限られた時間の中で沢山の部屋を次々と回り至宝の数々に刺激を受け、至福のひとときを過ごしたフィレンツェの朝でした。



# by moonlight_ts | 2018-10-18 22:01 | 旅あちこち | Comments(0)

3日目 アッシジへ日帰り旅行

d0133320_20220050.jpg
フィレンツェとローマの中間、アッシジを訪ねました。ガイドと運転手付きでゆったりしたワゴン車、楽ちんな日帰り旅です。

今回の旅が、前世があるとするなら、イタリアのどこかの修道院仲間だった?という妄想からでした、というようなことを書きました。その妄想劇場の登場人物は、修道士2名と、煩悩だか欲望だかを抱く修道女、そしてその修道院の修道院長ということになっています。

それもあってか、清貧の聖フランチェスコゆかりの土地であるアッシジ行きは、当然のようにすんなりとスケジュールに組み込まれることになりました。

☆   ☆   ☆

アッシジは、カソリック「フランチェスコ会」の総本山でありキリスト教の巡礼地です。

フランチェスコはアッシジの裕福な織物商の家の生まれながらも、ある日、郊外の荒れ果てた教会で「私の教会を建て直しなさい」という声を聴き…
彼を商売の跡継ぎにと考えていた父親に背いて、自分の持ち物一切と身につけている服も全て両親に返し、神と自然を賛美して祈りを捧げ、日々の托鉢での生活となり、後にフランチェスコ修道会を設立します。

「清貧、貞節、従順」がモットーの生活です。そして、フランチェスコを尊敬し、その生き方に倣いたいという貴族の娘、キアラが現れます。彼女は女子修道会を作り、フランチェスコとキアラは共に協力し合い、主のために生涯を捧げたということです。

そんな二人にゆかりのある聖堂やフランシスコ会関連施設は、世界遺産として登録されています。


<カルチェリの廬>

フランチェスコが祈りを捧げ、瞑想していた場所の跡に、教会や礼拝堂が建てられています。緑に囲まれ、アッシジの街並みを見下ろすことができ、とても神聖で気持ちのよい所でした。
d0133320_20035727.jpg
門をくぐるとフランチェスコに迎えられました。神聖な雰囲気の中を進んで行くと、渓谷のような崖に沿って施設が建てられています。
d0133320_22182313.jpg
少年に語りかけたり地面に横たわって瞑想したりするフランチェスコ像や、祈りを捧げていた場所などがある小路はその昔の空気感を感じます。
d0133320_20152438.jpg


<聖キアラ聖堂>

アッシジの貴族の娘だったキアラが、フランチェスコの教えに賛同し、財産全てを放棄して清貧の精神を生きる女性たちのグループを作りました。この大聖堂はキアラの死後建てられ、修道院地下にはキアラの遺骸を収めた部屋などもあります。聖堂は白とピンク、薔薇窓が美しく、女性らしい佇まいの聖堂です。(室内は撮影禁止でした)
d0133320_23112172.jpg


<アッシジの街並み歩き>

d0133320_23551226.jpg
中世の雰囲気が溢れるアッシジの街並みは、どこを切りとっても絵になります。城壁の門があちこちにあり、ローマ時代のミネルヴァ神殿とポポロの塔などが街中に残っていて、歴史を感じながらも、なんだか思いっきり楽しいテーマパークにいるような錯覚を覚えます。



<ドゥオモ(聖ルフィーノ大聖堂)>

アッシジで一番重要であり一番古い教会。フランチェスコもキアラも、この教会で洗礼を受けたそうです。ロマネスク様式のファザードには、中央と左右に扉とバラ窓があり、よく見ると控えめな浮き彫りのレリーフもあり美しくエレガントな印象を受けます。
d0133320_23365491.jpg


<フランチェスコ生家>

フランチェスコの生家跡には教会が13世紀に建てられています。この教会の裏手に、家の入り口や父によって閉じこめられたという部屋のドアが残されています。
d0133320_00051069.jpg
フランチェスコが出家時に脱いだ服を持つ父親。父によって繋がれた鎖を解き、それを持つ母親。そんな姿をイメージした像がありました。残された両親の思いはどんなだったのでしょう。


<聖フランチェス大聖堂>

フランチェスコの功績をたたえるために、彼の死後、建設された大聖堂です。二層からなる堂内にはどちらも多数のフレスコ画が描かれています。中でも、ルネサンス初期の画家ジョットによる聖人フランチェスコの生涯、「小鳥に説教する聖フランチェスコ」を含む28の場面を描いたフレスコ画は圧巻でした。
d0133320_20390419.jpg
イタリアも地震が多い国。1997年にウンブリア地方で地震が起こり、ドーム天井や屋根が崩落したとのこと。貴重なフレスコ画も天井から崩落しましたが、その無数の破片が持ち出され、数年にわたって根気よく、ジグソーパズルのような作業がボランティアによって続けられたそうです。今では、蘇った美しい聖堂内を見ることができます。
d0133320_20593432.jpg
上層部聖堂には美しい回廊があり、中庭のまわりを美しいアーチが並び、中央には古い井戸が残されています。
d0133320_20465267.jpg
雲間から降り注ぐ光はきっと当時は天国からの光と感じたことでしょう。


<聖ダミアーノ教会>

放蕩生活を送っていたフランチェスコが1206年に、ここの十字架の前で祈っていると「私の壊れかけた家を建て直しなさい」という神の声を聞き、一人で石を積みながら修復したと言われている礼拝堂があります。
d0133320_22001655.jpg
糸杉が絵のようにすっくと立っている道を進んで、こじんまりとした教会と修道院へ。途中、サンタマリアデッリアンジェリの教会を臨む聖フランチェスコの像がありました。
d0133320_21510904.jpg
女性らしさを感じさせる回廊と中庭は、美しく可憐で心惹かれるものがあります。
d0133320_21511661.jpg
食堂には粗末な木の長テーブルと長椅子が置かれていて、キアラが座っていたという席は一番隅でした。キアラは尼僧としてこのサン・ダミアーノの修道院で過ごし、生涯を通して聖フランチェスコを精神的な父と仰ぎます。当時の面影を残した修道院は質素で厳か、且つとても美しいものでした。


<リヴォトルト>

アッシジの中心街からは少し離れて、フランチェスコが最初の”兄弟”たちと2年ほど住んでいた所です。会堂は、当時の小さく質素な「聖なるあばら屋」を保存されるために建てられたのだそうです。
d0133320_22533256.jpg
ファサードの絵画は… ある夜、フランチェスコが出かけている間に、あばら屋で寝ていた兄弟たちが輝く火の馬車を見て、彼の魂が常に共にあることを知り、おおいに勇気付けられた、という伝説からのものです。


<サンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会>
d0133320_23305539.jpg
フランチェスコが、1211年頃、最初に与えられた聖堂「ポルツィウンコラ礼拝堂」を守るために建てられた教会です。教会の中に教会があるのです。フランチェスコは、そのポルツィウンコラ礼拝堂の後方で、1226年10月3日の夕暮れ天へ帰ってゆきました。
d0133320_23490170.jpg
フランチェスコが暮らしたと言う石穴があったり
d0133320_23433715.jpg
聖フランチェスコ像のある場所には、フランチェスコを慕ってここにに居ついていると言われているハトがいたり、フランチェスコの奇跡といわれる棘の無いバラがある庭があったり、彼がここに居たことが印象付けられる箇所がいくつもありました。ここでは、世界中から信者が来て祈りを捧げる神聖な場所ということが伝わってきます。


☆   ☆   ☆

アッシジは世界遺産に登録されています。当時の聖人達が質素で清らかな生活であったことと、功績を讃えるため後に建てられた聖堂の輝かしさとの対比の際立つ街です。教会では、信者がひざまずき熱心に祈りを捧げていたり、あちこちで説教が行われていたり。厳かな雰囲気の中、私たちツーリストをも広い心で迎え入れてくれる、懐の深い街。もっと下調べをして行けば… との反省点もあります。
祈りの街での学びは多く、印象深いものとなりました。



# by moonlight_ts | 2018-10-06 23:45 | 旅あちこち | Comments(2)

2日目 その2 夕刻のフィレンツェの街を愉しむ

d0133320_01572353.jpg

旅のスタートは思いもかけない試練続きでどうなることかと思いましたが、夕方にはなんとかスーツケースが届いて4人揃って着替えも済ませ。さて、ようやくここから予定通りの行動です。

少しだけお店を覗きながら街中を抜け、まずはアルノ川のポンテ・ベッキオ(ベッキオ橋)を渡ってみました。“フィレンツェ最古の橋”ということで、アルノ川を象徴する橋なのですが、橋の上にはたくさんの宝飾品店が並びキラキラしています。
d0133320_01025758.jpg
メディチ家の専用通路「ヴァザーリの回廊」が橋の上にできた当時、焼き肉店ばかりが並んでいて、臭いの問題から、美しい物に変えようということで宝飾店ばかりになったそうです。

この日のハイライト、ミケランジェロ広場までは、橋を渡ってからタクシーで。日没時には大勢の人が集まり、広い広場だというのに割り込む隙もありません。
少し高台にあるサン・ミニアート・アル・モンテ教会に寄ってみました。フィレンツェ一望は素晴らし眺めで絶好のポイントです。
d0133320_23230682.jpg

d0133320_22580253.jpg
d0133320_23175417.jpg

☆   ☆   ☆

こちらに着いてから1日が経とうとしていますが、まだ、食事らしい食事をしていない私たちでした。夜景を待てずに坂道を降りてゆき、街の光景を木々の間から見ながら、目指すレストランへ急ぎます。
d0133320_23141645.jpg
見当をつけていたレストランが見当たらず、Oさんの嗅覚で入ったお店は大当たりでした。
迷いに迷って決めたお食事の数々。日本人の私たちは一皿をシェアしていろいろな味を愉しむ、ということを知っているお店の方は、ちゃんと取り皿を用意してくれます。
d0133320_01493449.jpg
d0133320_01342703.jpg

ああ、本場のイタリアン!! ガツンとしっかりした奥深い味わいがたまりません。日本のイタリアンと全然違います。ジェノベーゼのニョッキの味、初挑戦のギリシャサラダ、トマトのブルケッタにピザパン。どれもこれもが舌にも脳にも焼き付き忘れられないでいます。

こうして、イタリアはフィレンツェの初日は幸せのまま更けてゆきました・・・(?)

# by moonlight_ts | 2018-10-06 02:03 | 旅あちこち | Comments(0)

2日目 その1 ロストバゲッジが届くまで

外が明るくなると、夕べ遅くなってしまったのに早くから目が覚めてしまいました。フィレンツェで迎える初めての朝、ドゥオーモの丸屋根が窓の外に見え、期待を胸にキッチンに向かい、慣れない階段をおそるおそる上がってテラスへ出ます。
d0133320_00165599.jpg
“おはよう!♪”の挨拶がこんな景色の中でできてこの上なく嬉しく、既に感動しています。そのうちにあちこちの教会から鐘が鳴り響き、街も動き出しました。

遅い時間の到着でキャッシングも買物も出来ていません。それぞれが、昨夜機内で出た軽食のサンドイッチを持参していたので、お茶と共にこのテラスで朝食を。
d0133320_02414720.jpg
(Photo by ほーりー)

なんて幸せ!至福の時!何よりのご馳走がテラスからのこの景色です。

☆   ☆   ☆

夕べのロストバゲッジ事件により、荷が届くまでは、2人ずつ交代でキャッシングと散策に出よう、ということになりました。歩いて5分もしないうちに、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の前にいる私たち。
d0133320_00042297.jpg
d0133320_00091471.jpg
フィレンツェのシンボルであるドゥオーモが!ジョットの鐘楼が!サンジョバンニ礼拝堂が!! 700年もの時を隔ててなお、ここにあるという歴史の重みをひしひしと肌で感じることができます。

八角形の美しいサンジョバンニ礼拝堂の北扉と東扉は、ロレンツォ・ギベルディがそれぞれ21年、30年という月日をかけて制作したブロンズパネル作品で出来ているのですが、実は私がサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂でドゥオーモの次に対面したかったのがこの扉です。
d0133320_01350874.jpg
ルネサンス時代の幕開けとされている、製作をめぐって行われたコンクールが後々語りぐさとなった北扉。後にミケランジェロに『天国の門』と賞賛された東扉。違う様式で作られていますが、どちらも豪華で荘厳なパネルで構成されています。もっとじっくり見たかったけれど、これはレプリカ。次回があれば、本物を見てみたいと切に思いました。

しばらく石畳の街をそぞろ歩いてシニョリーア広場からUターン、第二陣と交代です。
d0133320_02122631.jpg

☆   ☆   ☆

そして午後、スーツケースの宅配連絡が二転三転する中、夕方が近づく頃です。ブブーとブザーが鳴り、皆で玄関まで階段を駆け下りてゆきました。4人共が嬉しさで軽快に駆け下りるものの、その騒々しさに途中の階の方が何事?と驚いているのではないかと思われるほどでした。

4つの重たいスーツケース。2人で1つを持っては上がり、戻ってはまた上がり最上階まで。4人で協力し合いながらも素早く上げてしまいました。何?このパワー?と思うほどです。
ここからいよいよ旅を満喫!!嬉しさで、 4人の顔はキラキラ輝いていましたよ。

つづく・・・

# by moonlight_ts | 2018-10-04 23:18 | 旅あちこち | Comments(0)

1日目 いざフィレンツェへ出発 

初めて羽田からの海外が嬉しい。初めてのエールフランスが楽しみ。
いえいえ・・・そんな嬉し楽しばかりではない“初めて”が次々とが起こる旅でした。


羽田へは吉祥寺からリムジンで1時間とかからず、これぞ東京の国際空港と言える距離です。そして、機体は問題なくスムーズに飛び立ち、経由地のパリまで12時間半の予定。その先1時間30分のトランジット、更にフィレンツェまでは1時間40分。少し長めの旅となるため、リラックスできる服装にしてきて正解でした。

d0133320_22515319.jpg

素敵なフランス人のCAさん達はスマートでおおらか、予想に反して親切で、快適な空の旅です。聞いていたほど機内食も不味いということもなく、機内は皆さん静かに過ごして睡眠も充分取れ・・・


☆   ☆   ☆


しかし、です。

シャルル・ド・ゴール空港到着は向かい風のため1時間遅れとなりました。

トランジット待ち時間は1時間30分。


ん?・・・既に1時間遅れ、残り30分ですよ!?

今回、続き席が取れずにあちこちバラバラの座席で、機内の最後尾附近だった私は、シートベルト着用ランプが切れると同時に棚に上げた荷物を取り出し、隣席の方にご挨拶してから、既に通路に立っている人たちに

“すみません!トランジットの時間が押しているので先に通してください〜!!!”

と声を張り上げながら少しずつ前に進みます。


私より前の座席の仲間のところまで10席ほど追いついた所で、全く動けなくなりました。それが、そこから15分近くも、なのです。

ああ、もう、間に合うわけがない・・・
いえ、この機が遅れたのはわかっていること。
乗り継ぎ客が大勢いるのもわかっている筈だからある程度は待ってくれる!
お願い!今日中にフィレンツェの宿に着かせて〜〜!!!
そう祈るしかありません。


扉が開いて人が動き出し、ボーディング・ブリッジを抜け、前後しているものの互いの顔を確認してからは、走る!走る!とにかく走ります。

ただ、いかんせんEUへの入国審査があります。そこでは通りかかる友人と談笑しながらの、のらりくらりな審査官の仕事ぶり。並んでいる人は皆ソワソワイライラと、“急いでるんだけどオーラ”を発しているのに、です。数人置きに4人いるのが確認できたのはここまででした。スタンプ押して貰った人から、先を急いでビュンビュン走り去ってゆきます。


チケットの乗り継ぎゲートナンバーの箇所には、なんと恐ろしい事! ─ とあるだけで、どのゲートに行けばいいのかわかりません。

あれ〜〜!! 私もビュンビュン走り出したものの、審査官ののらりくらりぶりで間があいていて追いつけません。そして、何度振り返ってももう一人の姿が見えず、前を行く仲間の姿も見えなくなり、この広い空港にフランス語なんてわからない私一人置いてゆかれたらどうしよ〜〜 え〜〜?という状態となりました。もう、泣きたい・・・


そうは言っていられないので、ここは落ち着いて!
ふ〜… 

前の若い二人が頑張って辿り着き間に合えば、なんとか搭乗締め切り、待ってくれる… (筈)
後のもう一人と揃って行けばいい… (筈)


ああ、でも、待って!!
分岐点でどちらに行けばいいかわからなくなりました。真っ直ぐ行くか、右に行くか。スクリーンで乗り継ぎ便の搭乗ゲート確認を、と思ってもそのスクリーンが目に飛び込んでこず。

万事休す?


近くの係官に聞こうとしても、またしてものらりくらりと隣のスタッフとお喋りしていて、待って、と言われてしまいました。そこにようやくもう一人が追いつき、係官にゲートナンバーを聞いて、またしても全速力で走る私たち。息を切らしながらもなんとか搭乗口へ辿り着き、機体が見えてほっとしたのです。

d0133320_22560659.jpg

その後何人もが息を切らしながら乗り込んできて、いよいよフィレンツェへと飛び立ちましたが。
ああ、空港のロビーを1km近くも全速力で駆け抜けたのは、長い人生「初めて」のことでした。


☆   ☆   ☆


でもでも、またしても・・・
が、しかし、です。

フィレンツェのペレトラ空港に着くと、人は間に合ったけれど荷物は積み込めなかったのか、ターンテーブルからスーツケースが出てきません。そこにロストバゲッジとの連絡が入りました。

d0133320_22570755.jpg

海外旅行50回経験のOさんも「『初めて』のこと」、と言いながらも粛々と手際よく4人分の手続きをしてくれました。仲間がいるってことが嬉しく、頼りになり助けられ、有り難い思いでいっぱいになります。


今日中にはもう、フィレンツェには届かないとのことで、着の身着のまま寝るしかない。既にもう少しで次の日を迎えようとしている頃のことでした。


☆   ☆   ☆


迎えのタクシーに乗り込んで、ホテルに向かいます。ホテルと言っても、アパートメントの民泊なので、着いてからオーナーが来るまで待ち、鍵を開けて貰って重厚な扉を開け、先に進んで唖然・・・


フィレンツェ中心地域にある、お金持ち所有の古くて映画の一コマに出てきそうな、一度は足を踏み入れてみたいなぁと思っていた感じに近いアパートメントですが。
なんとまあ、、いえ、当然のごとく、、エレベーターがありません。

そして、オーナー所有の部屋は最上階。グルグル階段を上がってゆくのですが、もう、今、何階にいるのかもわからなくなります。

d0133320_23065889.jpg
日本で言えば5-6階の高さでしょうか。自宅を出てからほぼ24時間後。行きついた先で日本より少し高さのある階段を、しかも5-6階分を昇る私たち。もう、ヘロヘロです・・・
海外旅行の宿泊先でエレベーターが無い最上階に泊まるのは、「初めて」です。


そうか、この階段をスーツケースを持って上がるのは今日は無理、と神様が判断されて、ロストバゲッジにしてくれたんだわ♪ 本当に心からそう思った私。
そして皆それぞれに『受難だ』『試練だ』と納得しながら受け入れ、むしろ密かに楽しんでいて、なんだか凄いメンバーですよ。


☆   ☆   ☆


オーナーからいろいろな説明を受け、宿泊手続きをすませ、ようやく目的地に辿りついて今日が終わった〜〜 と、気が抜ける思いです。そして、誰からともなく、この宿の決め手となり、とても愉しみにしていた場所へ。

キッチンからテラスに出る階段を昇ると、出迎えてくれたのはこちらです。

d0133320_22482407.jpg
フィレンツェと言えば誰もが思い浮かべるこの光景が、今、私たちの目の前に拡がり癒やしてくれ、今日一日の全てのことが流れ去ってゆき、幸せな思いがいっぱいに満ちあふれました。

こんな素晴らしい光景を、旅先でホテルの窓など無しに直に見られるのは「初めて」♪


# by moonlight_ts | 2018-10-03 23:09 | 旅あちこち | Comments(0)

イタリア旅行の始まり

d0133320_22165199.jpg
今回のイタリア旅行が決まったのは昨年11月始め、それは驚くほど突然の話でした。ある集まりに参加した、吉祥寺界隈のメンバーが集まっての打ち上げの場でのことです。

空海ゆかりの水などのお話し会の想い出話に浸るうちに、空海や真名井御前の話、その二人の生まれ変わりがどうのこうの、という話になってゆくのですが。
「自分たちに、もし前世があったとしたら、どこで何をしていただろう」
ということになりました。

メンバーの中には頭の中に孟宗竹ならぬ妄想竹が生えているのでは?と思われる者が2名おりまして。妄想の中ではイタリアの修道院にいた、と言うのです。なんとも、突拍子も無いけれどもリアルな表現で当時の修道院の様子やそこでの生活のことを語ります。

すると、もう一人が、私は煩悩だか欲望だかを抱きながら修道院にいた、イタリアの水辺で羽根が生えてくる夢を見た、とこれまた夢で見た光景を詳しく語り出し。その話が終わる頃。

 「私、イタリア行ってみたい! 
  どこかに居た痕跡があるはず!」

 「イタリアなら何度も行っているので案内しますよ」

 「なになに?そんないい話に乗っていいなら、
  行きたい行きたい!!」

 「いいですよ〜 でも、なんなら皆で行きません?」

 「行くなら女性だけの個人旅行は南は何かと物騒。
  北イタリアの方が治安がいいから、フィレンツェやミラノ?」

 「あら!フィレンツェには常々行きたいと思っていたし、
  案内付きだなんて! こんないい機会を逃す手はないわね」

最後に私もとうとう乗っかることとなりました。

そんな前に決まったイタリア行きが今になったのは、皆の仕事の都合や季節のことなどを考慮してのこと。そしてそれは、航空会社の選択から始まり行き先や時間配分、その他、事前にいろいろ調べたり本を読んだりする時間的な余裕がたっぷり取れることとなり、とても助かりました。

フィレンツェと言えばルネッサンス発祥の地。花の都であり芸術の都。そして、屋根の無い美術館とまで言われるほど美しい街。

ここはやはりしっかり絵画、彫刻、建築、作者や当時の様子など、勉強して押さえておきたいこと山積みです。何をどう見たいか、見るべきポイントを識っておくのは旅をする上では大切なことです。

更に、美食の国ですから、食べ物のことも気になります。
6回ほどイタリアに行ったというOさんの
「イタリアは何を食べても美味しい」
の一言に、否が応でも食の期待も膨らむ私たちなのでした。

# by moonlight_ts | 2018-10-02 22:08 | 旅あちこち | Comments(0)
line

いとしきものたちとの日々は毎日が特別な日♪


by moonlight
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30