--毎日がSpecial♪♪-- Everyday is the Special Day

moonlight7.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2009年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2009年 暮れのご挨拶

d0133320_3111569.jpg
大晦日になったばかりの月明かり
明日元旦は満月とかで、今日も空が明るいこと…
冬の夜空を見上げてまず目につくオリオン座とツーショット(?)です。

今年も多くの新たな出会いがありました。
このblog、更新が滞ること多々ありましたのに、
たくさんの方に足をお運びいただき、本当にありがとうございます。
来年もマイペースで進んで行きます!
どうか変わらぬおつきあい、よろしくお願いいたします。

では皆様 佳いお年をお迎えくださいませ
                    moonlight
by moonlight_ts | 2009-12-31 03:15 | Comments(4)

Buche Aux Mangue (ビッシュ・マンゴー2009)

昨日はとても楽しく過ごしたIzumi先生のお宅でのクリスマスケーキ作りでした。
大事に持ち帰ったつもりなのに端が少し崩れてしまっていて涙…
グズグズで…シャンとお行儀よく座ってくれません。
でもでも、、とってもおいしそうでしょ〜〜〜?♪
d0133320_0402897.jpg
d0133320_0404068.jpg
マンゴーのムースとクリーム・イボワール(ホワイトチョコクリーム)がビスキュイに包まれ、外はふわっと柔らかく、中は冷たくてつるりんとした食感でいくつでもいってしまいそうなんです。ちょっと恐ろしいですけどね!!

ただいまキッチンリフォーム中につき、今年の我が家にとってこのクリスマスケーキはとても貴重です。 今日は一切れずついただいて、あとは冷凍して土曜日に姪っ子と楽しみましょ♪ っと!!!
by moonlight_ts | 2009-12-22 23:36 | おいしいもの | Comments(2)

クリスマスレッスン

Izumi先生のお宅でのケーキ教室。
今年もいよいよクリスマスケーキの時期になりました。
お宅に着くと既にランチのテーブルセッティングが!
白とシルバーをベースにマンゴーカラーを挿し色としたテーブルは、
グラスの魅力もあいまってスキッと感がお洒落で魅了されました。
d0133320_0555273.jpg
すぐにレシピの説明とケーキ作りです。
d0133320_1213125.jpg
初めてのビスキュイ作りでしたが、絞り出しは練習しないと^.^;
ビスキュイを焼いて型に入れ、ムースとクリームを流し込み固めて飾り付け。
と聞くと、とても簡単にできてしまいそう?
実際は時間短縮のために先生が準備をしてくださっている部分も多々あり、
1人で作るとなるとそうたやすくはできそうにありません。

1人1台お持ち帰りで各自飾り付けまでをしますが、
その前にムースを固めるために全員分冷蔵庫へ。しばし時間がかかります。
そこで!! ここでランチタイムです♪
見てくださいな、この素晴らしいお料理とセッティング〜
先生があらかじめ作ってくださっていた今日の“ビッシュ・マンゴー2009”もデザートに。
d0133320_173037.jpg
11月のレッスン時と同じメンバーで和気あいあい。
皆さんおいしいものをよくご存知で、話題のほとんどがおいしい物とおいしいお店のこと!
そしてそういう話は尽きることがありません。
ケーキの飾り付けを忘れそうなくらい、いつまでも続くおしゃべり(笑)

あ〜〜 おいしいものって、幸せの輪で皆をつなぐんだな〜
そう思った今年最後のケーキレッスンでした。
ご一緒した皆さん、ありがとう、来年もよろしくね♪
by moonlight_ts | 2009-12-22 23:22 | おいしいもの | Comments(3)

トロッケンゲビンデ-17 クリスマス飾り-3

年内に、G1(初級)でのクリスマス作品を仕上げたいと思い…事務局で預かってくれていた前回休んだ分の材料を受取りに行き、頑張って二回分のワイヤリングをして行った今回のレッスンです。
初級のクリスマス作品はそれほど時間かけずに出来上がると踏んでのこと^.^;

ただ…私がこの材料を受け取ったことが先生に伝わっていず、レッスン当日に用意される分の『アドベントクランツ』の土台が無い!!
でもでも、、せっかく張り切ってワイヤリングしてきたのだから と、藁で作ったリース台は家に送ってくださるとのことで制作許可がおりました。

でもね、待てなくて・・・
家にある蔓のリース台で自己流『アドベントクランツ』作ってしまいました。
d0133320_022148.jpg

4つのツオップを作り、4本のキャンドルと交互にリース台にセット。
授業では吊りリボンも飾りリボンもつきません。。。
そして、教材のキャンドルは本当は“赤”!
いわゆるいつもの、ドイツの農家風作品になるものなのです。
赤いキャンドルを使った物は、藁のリース台が届いたらちゃんと本来の形に作りなおすことにします!
だからここは思い切り自分好みで作らせてください(^人^)
d0133320_0351415.jpg
ひょんなことから自己流作品を作ることができ、これが結構気に入ってしまった今回のレッスンでした。
先生、ごめんなさい!!!!!
by moonlight_ts | 2009-12-19 00:55 | トロッケンゲビンデ | Comments(6)

トロッケンゲビンデ-16 クリスマス飾り-2

キッチンのリフォームで家に缶詰が3日間続いて世間から取り残された気分。
4日目はなにがなんでも外出させてもらい、
トロッケンゲビンデの今年最後のお教室へ!
前回も休んでしまったので張り切って2回分のワイヤリングをして行きました。
クリスマス飾りの2つ目は『キャンドルリース』
d0133320_061939.jpg
d0133320_06298.jpg
ヤシャブシ70個ほどでリースを組んだ中に、
ヒノキ(茶とゴールド)、赤い実、イタリアンルスカスを。
クリスマスの作品ということで撮影には
普段の私ではあり得ない、思いっ切り!!のクリスマスレッドを使ってみました。
その昔のドイツの農家の居室。暗くて寒かったことでしょう。
こんな赤が明るさと温もりを演出したのでしょうね。
by moonlight_ts | 2009-12-18 23:58 | トロッケンゲビンデ | Comments(6)

クリスマスの花綵(づな) フェスツーン

フェスツーンって何やら魅力的な響きなんですけど、、一体何???
今期のアレンジメントのカリキュラムを聞いた時から気になっていました。
先生が「こんな感じの物を作ります」と絵に描いて説明してくださったのは、
リースを1/3か半分にカットしたような弓型の飾りでした。
いよいよ待ちに待った『フェスツーン』のレッスン。
いつもとはまた違った、素敵なリースの出来上がりです♪
d0133320_2328193.jpg
フェスツーンとは・・・
植物の花・実・葉などを綱状に編んだ飾り
なのだそうです。
ギリシャやヨーロッパの陶器や建築などの装飾としてよく使われているモチーフですね。
今回はリース台に挿してあるので編んでいるわけではないのですが、
飾りとしてはフェスツーンそのものの形です。
d0133320_23341655.jpg
吊り用のリボンの位置が可愛らしくない-_-;
と、家に帰ってから形を整えてみました。
d0133320_23342413.jpg
こんな風にするのも好みですが、どうでしょう?
by moonlight_ts | 2009-12-11 23:39 | フラワーアレンジメント | Comments(4)

カルトナージュのダストボックス

ブリランテさんのカルトナージュ、今回は大作です。
今までで一番大きな物となったのは、ダストボックス。
綺麗過ぎて、とても“ゴミ箱”になんて使えませんが!!!
d0133320_143342.jpg
レッスンの時の作業するスペースが一人当たり狭いものだから… 皆さん、何かと支障を来します^^;
今回、ついに私もやってしまいました>_<;
生地の天地を間違えて逆さに貼ってしまったのです。。
この時のケースとお揃いで使おうと思ったのですが、わかりますよね〜〜^^;
d0133320_271817.jpg

でも、とっても綺麗に出来上がったので、もちろん一緒に使いますよ♪
by moonlight_ts | 2009-12-11 01:16 | カルトナージュ | Comments(2)

コンサートレポート

d0133320_23442649.jpg友人が関係するNPO法人の活動支援のためのチャリティーコンサート、今年も無事終えることができました。6年前から行われており、今年で7回目のコンサートです。

尾高忠明さんのトークと、尾高ファミリー(尾高忠明さん遵子さん(私の友人)ご夫妻、忠明さんのお兄様ご夫妻、とそのお仲間たち)の温もりある雰囲気が人気のコンサートです。

リハーサル風景から、そのアットホームなムードが会場全体に漂います。
d0133320_23405397.jpg
今年は忠明さんが どうしても!! と招聘され急遽海外演奏活動が入り、ご出演叶いませんでした。忠明さんのトークお目当ての熱烈ファンが多くリピーターになってくださっているので、どうなることかと、実は少し心配しておりました。

けれどもそんな心配は無用でした。
このコンサートを愉しみにしてくださっているお客様が大勢!!
そして、出演者の皆様が力をあわせてこのコンサートに気持ちを向けてくださり、素晴らしい演奏を聴かせてくださいました。忠明さんの進行とトークの代わりをお兄様の惇忠さん(作曲家)が努めてくださり、忠明さんとはまた違ったホノボノとしたムードでの司会進行でした。

d0133320_2355116.jpg
毎年、最後には会場のお客様と舞台と一緒になって『星に願いを』を歌います。
↑はリハーサル風景。
↓は本番ですが、どこか違いますよね〜??
d0133320_23551166.jpg
あらら〜〜??
こんな光景、コンサートではあまり見たことがありません!
ピアノの向きが・・・ ピアノの演奏者もお客様の方を向いていますよ!?

実はこれ、
d0133320_004045.jpg
第二部の最後のプログラムである、ピアノの連弾、ガーシュインの『ラプソディ・イン・ブルー』の時に向きを変えたのです。

それはリハーサルでのこと。
 “このホールではピアノの蓋を外した方が良いかも”
 “蓋を外し、向きも正面向きに変えると音がダイレクトに皆に伝わっていいかも”
 “正面向きにすると、普段は見られない、
  連弾での演奏者の表情や動きもわかって面白そう!”
そんな意見が出て、ホールの舞台担当者に掛け合い、実現したものです。

そしてこれは、本当に効果絶大でした。
ピアノの音がクリアになりました。音の伝わりがとてもいいものなのですね。
また、譜面台で隠れることが多かったものの、演奏者の表情がよくわかりました。
ペダルを踏む足の動きもとてもよくわかり、体全体で、しかも楽しみながら弾いている様子が一目瞭然!♪
お客様も大喜びでした。

このコンサートならではの演出でお客様に喜んでもらいたい。
出演者とスタッフのそんな思いから出たアイデアでした。
来年はどんなコンサートになるか、今から期待が高まります。
今年はいらっしゃれなかった方、興味おありの皆さん、来年はぜひとも、ご一緒に楽しんでくださいね♪
by moonlight_ts | 2009-12-09 00:19 | こんなものがあります | Comments(2)

トロッケンクランツ ---リンゴの弓形リース---

先月末、名古屋に所用で行った際に運良く、
Atelier Kranzさんのクリスマスリース講習会に参加することができました。
d0133320_2347584.jpg
猪飼先生の適切な進行とアドバイスで12人参加の講習会もスムーズに進みます。
木の実一つひとつをワイヤリングし、芯のワイヤーに巻き付けながら弓形に作ってゆくので土台はありません。
初めての方が何人もいらっしゃるのに皆さん作られるのが早い早い。
d0133320_2348735.jpg
まん丸リースとは違ったお洒落なリースの出来上がり!!
こちらともお似合いの作品が一つ増え、なんとも嬉しくて、
つぶれないよう、大事に大事にかかえて持ち帰りました♪
by moonlight_ts | 2009-12-04 00:01 | トロッケンクランツ | Comments(6)
line

いとしきものたちとの日々は毎日が特別な日♪


by moonlight_ts
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31