--毎日がSpecial♪♪-- Everyday is the Special Day

moonlight7.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

京都へ (3)----- 夕食編

智積院から北へ北へと進んで詩仙堂で観光を終え、この夜の宿泊は京都市の北の方。
詩仙堂からお宿までの間でどこかいいお店はないかしら?
友人が京都好きの関西の知人に聞いてくれたのが、このお店でした。
d0133320_2346563.jpg
“和洋料理 河玄”という、ちょっと古びて端正な感じが好ましい。住宅街の中に控えめにひっそり佇み、華美とはほど遠く、けれどもひと味ありそうな割烹らしいこんな店が好きです。
d0133320_23505774.jpg

きさくで優しい店主のお料理はどれもこれもご本人のように優しいお味。“和洋料理”の看板を掲げている通り、お料理も食器もうまく和洋がからみあっています。次々出て来る品をひとつひとつ、美味しくいただきました。最後のメイン、クリームコロッケとビーフシチューは絶品!!! これにご飯とお味噌汁がつき、う〜〜ん…量多いかも… と思ったのですが、意外とすんなり入ってしまいました。
京都の岩倉あたりにいらしたときには、ぜひお薦めです。
by moonlight_ts | 2009-05-24 00:06 | 旅あちこち | Comments(4)

京都へ (2)-----寺院をめぐる 編

法然院はこの時期、深い緑に包まれます。哲学の道から脇道に入るとグリーンのシャワーを浴びながら山門へ向かうのですが、この光景には、いつも強く惹かれます。
d0133320_383553.jpg
あの門の向こう側にはどんな世界が広がっているのか? 一歩一歩近づくにつれ、なんだか期待感がふくらむ。といったような感じでしょうか。
d0133320_12391020.jpg
山門をくぐると白砂壇が目に飛び込んできます。両側に白い盛り砂があり、これは水を表すもの。この間を通ることは、心身を清めて浄域に入ることを意味しているのだそうです。
この日は夕方からイベントがある様子。いつもより少し人が多いようで、なんだかせかされているように思えてしまいましたが。先も急ぐのでざっと一回りしてそそくさとおいとま・・・

d0133320_3342877.jpg
詩仙堂、ここもまた、とても好きなところです。“詩仙の間”の四方の壁に掲げられている、狩野探幽が描いた中国の詩家36人の肖像画「中国三十六詩仙像」があまりにも有名ですね。この部屋に続く広い部屋“嘯月楼”で庭園を眺めていると、何もせずともずっとここにこうしていられるような気がしてきます。
d0133320_12393539.jpg
庭園は歩くことができるので、降りてみましょう。自然の渓流があり、しし脅しの音や小さな池のカエルの鳴き声を聴きながらの散策では、初夏の草花や木々に魅せられ、閉門の時間までずっとここで過ごしてしまいました。
by moonlight_ts | 2009-05-23 01:38 | 旅あちこち | Comments(2)

京都へ (1)-----美しいものを観る!&買う 編

GWはひたすら家の中の片付け。及び、万歩計をつけてそこいらを歩いて過ごし、
静かになったところでどこかへ遠出。そんなパターンが定着しているここ数年の我が家の5月。

といっても、今年は友人と○○記念旅行と称し、いざ京都と和歌山へ!!
今週のはじめのことだったので、「神戸には行かないから京都なら影響ないわよね」とまだ深刻なムードは無く、出かけて行きました。インフルエンザ騒ぎは現地に着いてから、時間とともにあちこちに拡がっていましたが。
東京駅で買ったマスク、京都でも念のためと、駅周辺ではつけての旅の始まりでした。

昼前に京都に着き、まずは友人御用達の陶器問屋さんへ。
有名な料亭にも卸しているというここであれこれ見せていただき、今回は煮物を入れると映えそうな小鉢を求めました。
d0133320_12382991.jpg
手が伸びるものがいくつかありましたが、また次回に、と我慢がまん・・・お部屋の周囲の棚や縁側にたくさんの品が並んでいます。

智積院に安土桃山時代の国宝である障壁画があります。長谷川等伯の『楓図』『松と葵の図』、息子久蔵の『桜図』などなど。一昨年観た時に感動し、もう一度観たくて寄ってみました。何か大きな法要があったのか、黄色の法衣をまとった僧が大勢講堂から出て来るところに出会い、なんだかとってもありがた〜い気持ちに。単純かしら。
収蔵庫にある障壁画に再会。友人も絵が、ことに植物の絵が好きで、他の来館者は少なく長居せずで、二人で随分ゆっくりと鑑賞していました。そこへ寺院の方がグループの方を案内にみえ、ガイドテープでは聴けなかった深いお話を一緒に聴かせていただいた。なんだかラッキーでお得な気分^_^

次は高台寺近くにある版画屋さんへ。以前何度か歩いている通りにある版画屋さん、今までは気づきもしませんでした。明治時代の植物図鑑として刷られた数々の植物の版画は優しい風合い。たくさんの作品を一枚一枚丁寧に見せていただきました。私たちが観たのはほんのひとケース。ケースはたぶん6つか8つありました。
d0133320_018264.jpg
どれもこれもたまらない魅力で、店を出る時には春の花と夏の花、二枚の版画を求めていました。夏の終わりに他の季節のものを探しに、また京都に… きっと… 行きそう。
by moonlight_ts | 2009-05-21 23:05 | 旅あちこち | Comments(2)

洋梨のタルト

今月のIzumi先生のお菓子教室は「洋梨のタルト」でした。
明るいお教室でのお菓子作りはとても穏やかなひととき。
d0133320_1553395.jpg
芳ばしく焼けたタルトにアプリコットジャムを塗って最後の仕上げにピスタチオナッツを飾ると出来上がり♪
一人に一つ、お持ち帰り用があり
d0133320_1562117.jpg
一つは最後にティータイムで試食します。
デコレーションされたプレートのタルト、
おいしくてあっと言う間にお腹の中へ〜 ^_^
by moonlight_ts | 2009-05-21 22:54 | おいしいもの | Comments(2)

カルトナージュのティッシュケース

d0133320_1535524.jpg
↑ こちら、以前作ったペルメル(メモボード)ですが、
d0133320_15344639.jpg
これとお揃いの生地を選んでみました。
(撮ったときの光の具合で色が違って見えますが、同じ色です・・・)
このティッシュケース、スコッティのボックスにすっぽり入り、
しかも移動するために持つ時に外れず、しっかり収まって具合いいです。
by moonlight_ts | 2009-05-16 15:33 | カルトナージュ | Comments(0)

花に埋もれた庭

久しぶりに、町田に住む姉の家へ。
我が家と違って庭のある家に住む、姉の愉しみはガーデニング。
とにかくその花の多さといったら、私に育てるのはとても無理です〜 と言いたくなるほどです。天気が良すぎて撮影がいまいちでしたので、少しだけご紹介。
d0133320_23431180.jpg
たくさんの種類のクレマチス
d0133320_23433132.jpg
あちこちに咲くオダマキ
d0133320_2343502.jpg
シャガは勝手に生えてくるとか
d0133320_23435923.jpg
ベランダ育ちと違ってタイムにも一面花がつき…
他にも可愛らしい花やハーブや野菜がたくさん!!! で

とっても羨ましく思う私です

でも・・・

d0133320_23441074.jpg

これ、小さな頃の姉と私のイメージらしく、なんだか嬉しくなりました
by moonlight_ts | 2009-05-03 23:42 | 花とグリーン | Comments(0)
line

いとしきものたちとの日々は毎日が特別な日♪


by moonlight_ts
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31