--毎日がSpecial♪♪-- Everyday is the Special Day

moonlight7.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:旅あちこち( 55 )

京都へ (3)----- 夕食編

智積院から北へ北へと進んで詩仙堂で観光を終え、この夜の宿泊は京都市の北の方。
詩仙堂からお宿までの間でどこかいいお店はないかしら?
友人が京都好きの関西の知人に聞いてくれたのが、このお店でした。
d0133320_2346563.jpg
“和洋料理 河玄”という、ちょっと古びて端正な感じが好ましい。住宅街の中に控えめにひっそり佇み、華美とはほど遠く、けれどもひと味ありそうな割烹らしいこんな店が好きです。
d0133320_23505774.jpg

きさくで優しい店主のお料理はどれもこれもご本人のように優しいお味。“和洋料理”の看板を掲げている通り、お料理も食器もうまく和洋がからみあっています。次々出て来る品をひとつひとつ、美味しくいただきました。最後のメイン、クリームコロッケとビーフシチューは絶品!!! これにご飯とお味噌汁がつき、う〜〜ん…量多いかも… と思ったのですが、意外とすんなり入ってしまいました。
京都の岩倉あたりにいらしたときには、ぜひお薦めです。
by moonlight_ts | 2009-05-24 00:06 | 旅あちこち | Comments(4)

京都へ (2)-----寺院をめぐる 編

法然院はこの時期、深い緑に包まれます。哲学の道から脇道に入るとグリーンのシャワーを浴びながら山門へ向かうのですが、この光景には、いつも強く惹かれます。
d0133320_383553.jpg
あの門の向こう側にはどんな世界が広がっているのか? 一歩一歩近づくにつれ、なんだか期待感がふくらむ。といったような感じでしょうか。
d0133320_12391020.jpg
山門をくぐると白砂壇が目に飛び込んできます。両側に白い盛り砂があり、これは水を表すもの。この間を通ることは、心身を清めて浄域に入ることを意味しているのだそうです。
この日は夕方からイベントがある様子。いつもより少し人が多いようで、なんだかせかされているように思えてしまいましたが。先も急ぐのでざっと一回りしてそそくさとおいとま・・・

d0133320_3342877.jpg
詩仙堂、ここもまた、とても好きなところです。“詩仙の間”の四方の壁に掲げられている、狩野探幽が描いた中国の詩家36人の肖像画「中国三十六詩仙像」があまりにも有名ですね。この部屋に続く広い部屋“嘯月楼”で庭園を眺めていると、何もせずともずっとここにこうしていられるような気がしてきます。
d0133320_12393539.jpg
庭園は歩くことができるので、降りてみましょう。自然の渓流があり、しし脅しの音や小さな池のカエルの鳴き声を聴きながらの散策では、初夏の草花や木々に魅せられ、閉門の時間までずっとここで過ごしてしまいました。
by moonlight_ts | 2009-05-23 01:38 | 旅あちこち | Comments(2)

京都へ (1)-----美しいものを観る!&買う 編

GWはひたすら家の中の片付け。及び、万歩計をつけてそこいらを歩いて過ごし、
静かになったところでどこかへ遠出。そんなパターンが定着しているここ数年の我が家の5月。

といっても、今年は友人と○○記念旅行と称し、いざ京都と和歌山へ!!
今週のはじめのことだったので、「神戸には行かないから京都なら影響ないわよね」とまだ深刻なムードは無く、出かけて行きました。インフルエンザ騒ぎは現地に着いてから、時間とともにあちこちに拡がっていましたが。
東京駅で買ったマスク、京都でも念のためと、駅周辺ではつけての旅の始まりでした。

昼前に京都に着き、まずは友人御用達の陶器問屋さんへ。
有名な料亭にも卸しているというここであれこれ見せていただき、今回は煮物を入れると映えそうな小鉢を求めました。
d0133320_12382991.jpg
手が伸びるものがいくつかありましたが、また次回に、と我慢がまん・・・お部屋の周囲の棚や縁側にたくさんの品が並んでいます。

智積院に安土桃山時代の国宝である障壁画があります。長谷川等伯の『楓図』『松と葵の図』、息子久蔵の『桜図』などなど。一昨年観た時に感動し、もう一度観たくて寄ってみました。何か大きな法要があったのか、黄色の法衣をまとった僧が大勢講堂から出て来るところに出会い、なんだかとってもありがた〜い気持ちに。単純かしら。
収蔵庫にある障壁画に再会。友人も絵が、ことに植物の絵が好きで、他の来館者は少なく長居せずで、二人で随分ゆっくりと鑑賞していました。そこへ寺院の方がグループの方を案内にみえ、ガイドテープでは聴けなかった深いお話を一緒に聴かせていただいた。なんだかラッキーでお得な気分^_^

次は高台寺近くにある版画屋さんへ。以前何度か歩いている通りにある版画屋さん、今までは気づきもしませんでした。明治時代の植物図鑑として刷られた数々の植物の版画は優しい風合い。たくさんの作品を一枚一枚丁寧に見せていただきました。私たちが観たのはほんのひとケース。ケースはたぶん6つか8つありました。
d0133320_018264.jpg
どれもこれもたまらない魅力で、店を出る時には春の花と夏の花、二枚の版画を求めていました。夏の終わりに他の季節のものを探しに、また京都に… きっと… 行きそう。
by moonlight_ts | 2009-05-21 23:05 | 旅あちこち | Comments(2)

暮れゆく暮れの八ヶ岳−2

d0133320_1352115.jpg
うーーん、、、今度機会があったら、もっと綺麗に撮れるようになることが課題ですね。
頑張ります!! それにしても八ヶ岳の冬の星空、とっても綺麗でした。
by moonlight_ts | 2009-01-07 11:27 | 旅あちこち | Comments(8)

暮れゆく暮れの八ヶ岳−1

d0133320_1251851.jpg

by moonlight_ts | 2009-01-07 11:21 | 旅あちこち | Comments(0)

あけまして おめでとうございます

d0133320_035911.jpg

新しい年の、明るくなってゆく空、冬木立、富士山。
全てのものがなぜだか新鮮に感じられる瞬間の、初日の出。
今年は八ヶ岳高原ヒュッテの庭で迎えることができました。

好天に恵まれて、気持ちも晴れ晴れ。
どうぞ、今年もよろしくお願いします。

d0133320_0352623.jpgマイナス12度と言われてロッジを出発。高原の朝、キリリとした空気に包まれています。ヒュッテ前庭で、秩父連山から出る初日の出を待つ間の寒いこと! けれど、だからこその美しい景色。この一年が拓けているように感じられて気持ちも引き締まります。d0133320_0355640.jpg富士山も雲一つない姿を見せて。どこまでも空気が澄んでいるお正月のこの光景、ありがたく、また、幸せな気持ちを噛み締めました。
そして山の端から太陽が顔を出し、その光のとてつもなく力強いパワーがそこに居る皆を元気づけてくれました。今年は!今年こそは!!皆に平等に平和が訪れますように!!!
d0133320_0573333.jpg

by moonlight_ts | 2009-01-01 23:34 | 旅あちこち | Comments(6)

夏休み旅行 第三日目

急な仕事で、主人は先に電車で帰ることに。
さあ、チェックアウト後、どうしましょう?
まずは1人で緑の中をドライブ。
そして、これまたお気に入りのハーブの店へ。
d0133320_4254346.jpg
ハーバルノートには、ハーブティーはもちろん、アロマオイルやバスオイル、草木染めの糸などなど、身に心に優しく届く品たちが揃っています。
d0133320_4261682.jpg
こんなところでは、もっとゆっくり過ごせたらいいな、なんて思いながらも、1人では長居もできません。
近所のステンドグラス屋さんを覗き、高原野菜などの店でお土産を買込み、颯爽と帰路につきました。
と言いたいところですが…1人の高速道路って、眠くなるものですね。
途中、双葉SAで休憩。
ショップから離れたエリアに停めてある車の中では、皆さんがお昼寝中でした。
疲れたとき、瞼が重いとき、やはり休憩がいいですね。
私も、小一時間ほどシートを倒し…Zzz............
以前はこんな風にしたいと思ったこともなかったのに、
やはり、若いころのようにはいかないってことが、よ〜く解った旅でした。
by moonlight_ts | 2008-08-18 22:24 | 旅あちこち | Comments(2)

夏休み旅行 第二日目

d0133320_3203853.jpg

d0133320_3205022.jpg夏、蓼科に来ると早起きをし、『八島七島』へ行くのが一番の楽しみです。
蓼科から車で一時間弱。着いたら霧。流れる霧が次々に光景を変えてゆきます。ひんやりとした空気が気持ちいい。夏の花はひと通り終わってしまっているようで、少し淋しいけれど。

d0133320_321252.jpg何が楽しみって?
それは、広い湿原を眺めながら、清涼な空気の中で朝食をいただくこと。カナディアンファームの石窯で焼いたパンに高原野菜に果物… 周囲の木道脇に、ひっそりとベンチとテーブルのある箇所があります。勝手に『湿原テラスのレストラン』と呼んでいます。

d0133320_3211237.jpg
ヤナギランが咲き誇り、夏の盛りを過ぎた湿原に彩りを添え、鳥のさえずりと共に、朝食メニューの一品のように感じられます。ご馳走さま!♪
d0133320_3212149.jpg
夏と秋のさかいの高原の花を、一周しながら楽しんだ後、美ケ原へ足を伸ばすことにしました。
d0133320_3213625.jpg
こちらは更に、夏の終わりを感じさせています。
d0133320_3214887.jpg
大好きなマツムシソウに会え、アザミも鮮やかに美しく咲きはじめ、そこに吹く風はすっかり『秋』でした。
by moonlight_ts | 2008-08-17 23:19 | 旅あちこち | Comments(0)

夏休み旅行 第一日目

今日からようやく夏休み旅行に出ました。
昼過ぎに諏訪南ICを降り、いつも行くカナディアンファームでランチを。
d0133320_375125.jpg
さすがに夏休み真っ只中。
何度か来た中で一番人が多く、駐車場は満杯。
周辺の道路にたくさん駐車しているほど。
それもそのはず、ここはいろいろなお楽しみのある場所なのです。

アルバイトの学生さんも大勢いて、でも明るく楽しそうに忙しく立ち働いています。
手作りの建築物が温もりを感じさせ、中庭の森の台所にある釜土で焼かれるパンやお料理は味わい深く、何度いただいてもあきません。

夜はお部屋のTVでオリンピック観戦三昧。
こんなにゆっくりオリンピックを観たのは初めて!!
by moonlight_ts | 2008-08-16 23:06 | 旅あちこち | Comments(0)

河津桜とご対面

以前から見たかった河津桜。
 その人気は年々高くなり、訪ねる人が増え、かなり混む
と聞いていたので、殊に旅先での混雑はご遠慮したい私としては、当分行けそうにないと思っていたのです。それが、伊豆に詳しい友人に声を掛けていただき、先週、急に一泊の旅の話がまとまった。なんともあわただしいお宿選びだったので、“泊まる”に関しては期待通りとはいかなかった今回の旅。けれど、“河津桜のお花見”には大満足(*^^*)v

『可愛らしくて綺麗』…そんな表現をしたくなる、ソメイヨシノよりずっと濃いめの河津桜。伊豆半島に入って南に行くにつれ、車中からもチラホラと目にすることができます。遠目にも綺麗な濃い桜色です。
d0133320_22125266.jpg
今回、私達は河津町は車で通っただけ。予想通りに混雑が激しく、渋滞も半端ではなく… 宿泊先の稲取に着いたのは、もう夕刻間近という頃で、本家本元の河津桜は車から愛でるだけとなりました。
翌朝は早い朝食を済ませるとすぐに宿を出発。小一時間ほどの場所の下賀茂温泉へ。
 “青野川沿いの河津桜は穴場”
そう友人が言っていた通り!! 人も少なく、のんびりゆったりした散策は幸せのひとときでした。
d0133320_22374834.jpg
いつまでもここに居たいような… 立ち去りがたいような… 
そこで、どこかでお弁当を買ってお花見をしながらお昼を、となりました。駐車場で配付されていた地図のどん詰まりに、お弁当屋さんの表記が。行ってみると…お休み(T.T) 
辺りには他に何もなく・・・ せっかくの思いつきもオジャンだわと思いながら、太鼓の音がしているのに誘われてそのまま歩いていると、幸いなことに、農協の『農協祭』に遭遇!!
豚汁がふるまわれていたので、いただきましたよ♪ 曇り空で冷えた体はほかほかになりました。ありがたいことです(*^^*)
d0133320_2238516.jpg
そして、ここでお弁当を手に入れた私達。写真のとおりの、川べりの石段で、おいしく花見弁当をいただき、ただただ幸せな時間を過ごしたのです。今日の運勢は「花より団子!理想より現実!」とあったのですが、両方ともしっかり受け取った私達、、、だったでしょうか(^_-)-☆

こちらにスライドショーをupいたしました。
by moonlight_ts | 2008-03-02 22:03 | 旅あちこち | Comments(4)
line

いとしきものたちとの日々は毎日が特別な日♪


by moonlight_ts
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30