--毎日がSpecial♪♪-- Everyday is the Special Day

moonlight7.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:旅あちこち( 55 )

元旦に マイナス17度の銀世界

d0133320_23241187.jpg

皆さま 新年あけまして おめでとうございます
本年も よろしく お願いいたします

暮れから蓼科に来ています。クリスマスの時には無かったという雪。
大晦日の夜は厳しい寒さで… さすがに数十cm降り積もって…

2010年元旦の昨日。
北横岳の坪庭までピラタスロープウェイで上がってみました。
そこは標高2,237m。
着いた時には僅かに雪も降っており、マイナス17度!!
さすが、日本のシベリア地帯と言われる寒さでした(>_<)
でも、だからこそその景色が美しく、山頂駅の小屋のストーブで暖まっては数分ずつ外で景色を楽しんだ元旦の午後でした。
by moonlight_ts | 2010-01-02 12:34 | 旅あちこち | Comments(2)

阿蘇山を巡るうち雪に…

d0133320_22181019.jpg
宿を出て車を少し走らせると、こんな景色が目の前に現れました。
全容とは言っても、阿蘇五岳だけですが。
今度はこの丁度正面中腹まで行き、下界を見下ろすとこんな感じです。
d0133320_22182068.jpg
・・・と簡単に言っていますが、とても雄大な眺めなのです。
この写真は、前方に広がる景色を7枚ほど撮影したうちの、3枚を繋げています。
残り4枚をつなぐと外輪山の約半分の景色になるのですが、
ここでは幅に対して天地がとても短い写真になってしまい見づらく、
その光景をお見せできないのが残念!!!

その外輪山に抱かれるような世界最大級のカルデラには、
温泉や観光・レジャースポットが点在する阿蘇の観光エリアがあるのです。

外輪山のすべての尾根を延長して仮想すると、その昔、
この外輪山が噴火する前は世界最高峰のエベレストよりも高い山だったとか…?
外輪山は東西約18km・南北約25kmもあるので、
ほんとうにそうだったかもしれませんね。
『火の国』熊本での、ロマンあふれるお話です。

d0133320_2219328.jpg
噴火口近くまで行くと、こんなのどかな場所もあります。
草千里は、烏帽子岳中腹に直径約1kmに広がる大草原。
正面が阿蘇五岳のひとつである烏帽子岳です。
冬の阿蘇山上は雪が積もることが多く、真っ平らなこの平原は素晴らしい雪原になるそうです。

ここから見る阿蘇中岳。
d0133320_23163141.jpg
迫力がだんだんと迫って来ました。
天気が悪くなってきたので噴火口まで行くことをためらいましたが、
せっかくここまで来たのだからと、『阿蘇中岳大噴火口』へ。

けれど噴火口付近の駐車場まで行くと、雨。
・・・ではなく、雪が降り始めました。とにかく噴火口までの道を登ってみます。
が! 寒いばかりで火口はほとんど見えず。
わずかに、端の方だけ・・・
d0133320_23352759.jpg
とはいえ、マグマが地の底で活動しているであろうその脈動のようなものは充分感じられます。

今年の初雪体験が九州で、とは思いもよらぬことでした。

夜は集まりがあるとのことで長居はできず、熊本・阿蘇ともお別れ。
途中、義兄の案内で人吉においしい鯉や鮎の店へ。
鄙びた静かな佇まい。いかにも簡素で、一筋にそれだけに専念しているといった感じ。
鯉のあらい組と鮎の塩焼き組が、何故か男女ではっきり分かれることに。
“天然物を”と指定したそれは、焼き加減もほどよくボリュームもあり、
それはそれはおいしいものでした。
d0133320_23522362.jpg

d0133320_2352333.jpg

お座敷からはぐるり向こうのお部屋のある建物が見え、
屋根には店の名の“しらさぎ”ならぬ“あおさぎ”が辛抱強く、
でも虎視眈々と、池の鯉を狙っておりました。
こんな光景も、ごちそうのうちですね。
by moonlight_ts | 2009-11-25 23:57 | 旅あちこち | Comments(2)

高千穂峡経由、南阿蘇温泉へ

義母の傘寿の祝いで宮崎に行っておりました。
そして記念旅行と称し、義兄夫婦、義妹も連れ立って一路、南阿蘇温泉へ。

宮崎市内〜延岡〜高千穂のルート。
九州中央の山々は、のんびりした平和な空気に満ちています。
途中、国道に架かるアーチ橋では東洋一だという青雲橋を通ります。
組み立てた橋桁を中央でドッキングさせる日本初の架橋工法でつくられており、
長さ410m、水面からの高さ137m。
そこからの景色がこちらです。
d0133320_22531213.jpg


次に立ち寄ったのが、天然記念物に指定されている高千穂峡。
約12万年前と約9万年前の二回あった阿蘇火山活動。
その際に噴出した溶岩流が、五ヶ瀬川に沿って帯状に流れ出し、
急激に冷却された侵食谷とのことで、雄大で清々しい美しさです。
d0133320_2333412.jpg
d0133320_213646.jpg
人出が多かったので、
日本の滝100選に選ばれている『真名井の滝』も今回は少しばかり賑やかでした。
こんなにボートが出ているのも初めて見た光景です。
でも、凛としたたたずまいとその美しさに変わりはありません。

d0133320_23153578.jpg
遅い昼食をこちらで。地鶏のおいしいこと! お味が脳にまで焼き付いて… 
しばらく忘れることができそうに・・・ないくらいです。
そしてその後、いよいよお宿へ。
旅の疲れを温泉でほどよ〜〜くほぐしてもらいました。
by moonlight_ts | 2009-11-24 23:20 | 旅あちこち | Comments(0)

空路、宮崎へ

d0133320_23262331.jpg
久しぶりの空の旅は夕方。
西への飛行ですからもちろん右側の座席を確保!しました。
富士山が見れて幸せです。
光が射しているのが綺麗でこれを入れたく、富士山ちょっと右に寄り過ぎです(汗)
d0133320_23273723.jpg
ほとんど雲の上の飛行でした。
下は曇天や雨でも雲の上は明るくこの通り。
d0133320_23432931.jpg
更に、こんな光景が!!
大昔の人々は、もしかしたらこんな風に太陽の光が降りてくるのを見て、
太陽を「日の神」として信仰したのかもしれません。
天孫降臨の話なども思い浮かべてしまうような光景ですが、
その地としてされている高千穂のある、宮崎へ行ってきました。
by moonlight_ts | 2009-11-24 23:10 | 旅あちこち | Comments(0)

高千穂峡

d0133320_12212016.jpg

主人の実家、宮崎でのお祝い事に九州に来ています。。
今日は南阿蘇温泉へとドライブ。山また山、杉木立の景色の中を抜けてゆく途中、高千穂峡で休憩。ここはいつ来ても素晴らしい眺めです。
今日は人が多く、その分ボートもちょっと多かったですが(^^;

携帯からの投稿ですが… きゃっ! 写真が寝てます?
帰ったら直します(*_*;

こんな景色が寝ていたんじゃ〜、興ざめでしたね^^;
ただいま帰宅、さっそく直しにと、、コソコソ・・ ・ ・ 11/24 pm.12:30

by moonlight_ts | 2009-11-21 22:29 | 旅あちこち | Comments(0)

なんでだろ? 雨女は誰だろう??

360°の眺望と北アルプスに沈む夕陽に夕焼け。さらに、雲海を染めて昇る朝陽!
d0133320_2128187.jpg
を、望めるはずだったのです。
が、北アルプスや眼下の松本の街がうっすら見えるだけの美ヶ原高原・王ケ頭でした。
二年ぶりの、高校時代の友人たちとの旅は“お天気だけが頼り”でしたが、この日この日と同じような、秋雨。寒さに耐えられるよう防寒はしっかりしてきたので頂上の三角点に出てはみたものの、当然視界は悪く、すごすごとホテルに戻ることに。。期待できないのはわかりつつも、皆で「明日の日の出を楽しみにしましょっ」と言いながら。
がっかりした私たちを温かな灯りが包み込むように出迎えてくれたこのホテル。
d0133320_21281018.jpg
王ケ頭ホテルは、なんともほっとする優しく居心地のよい場でした。
自然体で、おしつけがましさを感じさせない行き届いたサービス。
タイミングよく出て来る美味しいお食事にぽかぽかのお風呂。
美ヶ原周辺の四季を紹介してくれるスライド会。
ロビーに用意された熱い笹の葉茶や蒸かし芋、には心が和み。

そしてそして何よりも、友人たちとの語らいの時間♪
一体誰が雨や嵐を呼んでいるのか!!! 犯人探しにしばし夢中になったり、笑い転げながらのグチの言いっこをしたり、懲りずにいつどこへ何をしに行くかと最後はラスベガスにまで夢をとばせたり・・・
どこへ行ってもどんなお天気でも、キラキラの青春時代を何年か一緒に過ごした友人達と共に再び時間を過ごせることの、なんと幸せなことか。
その幸せを噛み締めた旅でした。

でもでも、今度こそは!! やっぱりお天気にも恵まれた旅にしたいわ!!
                 ・・・・・
by moonlight_ts | 2009-11-11 22:57 | 旅あちこち | Comments(4)

ハワイ島 第4日目 ---心地よい旅の終わり---


楽しいことって、どうしてこんなにすぐ終わってしまうのでしょう。
“急なことながら…… 一緒にどうでしょう?”
姪っ子から、ほんとうに急なハワイ行きのお誘いメールをもらい、あれよあれよと決まった4泊6日の旅も、いよいよ最終日。
d0133320_1495299.jpg
徹底してハワイ島を楽しもうと決めて来た私たちでした。
まだまだ行ってみたいところ、してみたいこと、沢山あります。
その沢山は、また機会があったら、、いえ機会を作って来た時に!
で、帰るとなるとやっぱり最後はお買い物ですねぇ

☆続きを読む☆
by moonlight_ts | 2009-08-29 01:40 | 旅あちこち | Comments(2)

ハワイ島 第3日目-3 ---夕陽と星のツアーへ---


今回、ハワイ島への旅が決まって、どうしても行きたいと思ったツアーがこれ。
『マウナケア山頂 夕陽と星のツアー』
d0133320_22473742.jpg
夕陽と星空を一度に見られる、なんて嬉しい!

☆続きを読む☆
by moonlight_ts | 2009-08-27 23:38 | 旅あちこち | Comments(4)

ハワイ島 第3日目-2 ---海沿いを楽しみながらホテルへ---


歴史保存地区の散策を楽しんだ先には、真っ青な空と海。
d0133320_4111175.jpg
ここまでキッパリ!!とした青。
気持ちいいとしか言いようがありません。
というより、言葉も出ない。

そのくせなんだかここにいることがとても自然なことのように感じました。
飛び上がるような喜びを感じるというよりも、ここにいるのが当たり前で、今日は特別お天気がいいな・・・
と思っていることが嬉しいような。
人にとっては、こんな何も無い自然なところにいることが幸せなんだな〜
きっと

☆続きを読む☆
by moonlight_ts | 2009-08-22 01:46 | 旅あちこち | Comments(6)

ハワイ島 第3日目-1 ---リゾート内の歴史保存地区へ---


d0133320_482342.jpg
今日もいいお天気〜〜
オプショナルツアーの時間まで、
  海やプールで思いっきり空と大地と水に抱かれるか?
  ホテルがあるマウナラニリゾートにあるペトログリフを
  見に行くか?

二人の気持ちは同じでした。 ペトログリフ行こっ♪♪
ペトログリフは、文字を持たなかった古代ハワイアンが大地に残したメッセージ
しかもマウナラニリゾート内のものは、
ハワイで最も古いタイプのものではないかと言われているそうで…
興味津々!

☆続きを読む☆
by moonlight_ts | 2009-08-21 23:51 | 旅あちこち | Comments(0)
line

いとしきものたちとの日々は毎日が特別な日♪


by moonlight_ts
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31