--毎日がSpecial♪♪-- Everyday is the Special Day

moonlight7.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:トロッケンクランツ( 26 )

トロッケンクランツ-5 イースター

d0133320_2131611.jpg
今回のトロッケンクランツの作品作りは、イースター間近のドア飾り。
キリストの復活を祝うイースターは、
キリスト教圏の国々では、一番と言ってもいいくらいの大事な行事。

イースターというと登場する『卵』は生命のシンボル。
この時期、日本でもカラフルに絵をほどこされたイースターエッグが並んでいます。
長かった冬が去り、春がようやく訪れたことを喜ぶ気持ちを表すのにピッタリですね。
キリスト信者でもないのに、パステルカラーの綺麗なものを街でみつけると
なんだかワクワクしてしまいます。

このドア飾りにもイースターエッグをぶらさげて・・・
実際に卵の殻で作っていたこともあったそうですが、割れてしまう事多く、
今回、先生が用意してくださったのは素焼き(?)に色付けしたもの。
これなら安心して取扱えます♪
by moonlight_ts | 2010-03-09 21:02 | トロッケンクランツ | Comments(0)

トロッケンクランツ -4 くるみのオーナメント

今回の、猪飼先生の二日続きのレッスンには、おまけがありました。
二日目のレッスン会場が一時間延長しての会場使用の許可をくださり…
そこで (^_^)b 短時間でできる、もうワンレッスンができたのです♪
d0133320_21562679.jpg

いつか絶対作りたいと思っていた、これまた可愛い『くるみのオーナメント』
小さな木の実ばかりで作るこのアンヘンクゼル、思った以上の手間でした。
クルミを割って中身を取り出すのもちょっとコツがいるし。
でも、これはいくつも作って、次のクリスマスにはツリーに飾りたい!!!♪
by moonlight_ts | 2010-01-17 22:15 | トロッケンクランツ | Comments(2)

トロッケンクランツ -3 ハートの壁飾り

今回の猪飼先生のレッスン、実は二日続けてありました。
名古屋からいらっしゃるので、毎月ワンレッスンだけで上京するよりも、来た時に集中的にレッスンされたいとのことでした。
最初は一日だけ出席の予定でしたが、カリキュラムをこなすのに年数がかかってしまいそうで…二ヶ月に一度のことだし、、
やはり無理してでもレッスンを二日受けることに!!

ということで、二日目はモザイクでヘルツ(ハート)を。
d0133320_22361716.jpg
外側にカラマツをグルリ〜と入れ、その内側にメタセコイヤ。
黒コショウを敷き詰め、ゴールドのハッカクやヒノキ、ゴールドのボイロンでお化粧したクローブ、リボンを飾って出来上がり!
全てをワイヤリングしてから挿してゆきゴールドでおしゃれに飾り付け、
そろそろ出来上がるという頃、お教室のあちこちから…
「かわいい〜〜♪」「とってもかわいいわ〜♥」
の声が何度も何度も上がりました^_^
d0133320_2121465.jpg
ほんとうに立派なカラマツやメタセコイヤで。 限られたスペース内に木の実たちを正面を向けて入れていく作業が思ったより大変だったかな〜?
先日、友人と生田緑地で拾ったメタセコイヤ、蓼科で拾ってきたカラマツともに、「結構大きいわ〜♪」と喜んでいたのに、それと比べてもはるかに大きくて綺麗なのです。
さすがに・・ 名古屋のリス先生の木の実拾いは、経験つまれているだけあって違うわ、と思ったのでした。
by moonlight_ts | 2010-01-15 21:48 | トロッケンクランツ | Comments(6)

トロッケンクランツ -2 シンプルな馬蹄形リース

d0133320_2346591.jpg
アトリエクランツの猪飼先生が東京でのレッスンを始められ、昨年暮れから、これに参加することを楽しみに待っていました。
今日からそのレッスン開始♪

でも・・ いきなりフーファイゼンでちょっと怖じ気づき…
これは左右対称に作るので、初心者の私にはまだ難しいと思っていたのです。
でも、猪飼先生の解りやすい作り方のご指導のおかげで時間内に完成。出来上がったときは心の中で 『やった〜〜♪』
d0133320_23333944.jpg
馬蹄は、ドイツでは古くから“災いを取り除く”という言い伝えがあり、幸せを呼ぶシンボルなのだそうです。今でも玄関やリビングに飾っておられるご家庭をよく見かけるそうですよ。
by moonlight_ts | 2010-01-12 23:47 | トロッケンクランツ | Comments(2)

トロッケンクランツ ---リンゴの弓形リース---

先月末、名古屋に所用で行った際に運良く、
Atelier Kranzさんのクリスマスリース講習会に参加することができました。
d0133320_2347584.jpg
猪飼先生の適切な進行とアドバイスで12人参加の講習会もスムーズに進みます。
木の実一つひとつをワイヤリングし、芯のワイヤーに巻き付けながら弓形に作ってゆくので土台はありません。
初めての方が何人もいらっしゃるのに皆さん作られるのが早い早い。
d0133320_2348735.jpg
まん丸リースとは違ったお洒落なリースの出来上がり!!
こちらともお似合いの作品が一つ増え、なんとも嬉しくて、
つぶれないよう、大事に大事にかかえて持ち帰りました♪
by moonlight_ts | 2009-12-04 00:01 | トロッケンクランツ | Comments(6)

トロッケンクランツ-1 クリスマスリース

私がトロッケンゲビンデを知ったきっかけは、カルトナージュ関連のHPやblogのリンク先で行き会ったこちら、for natural lifeさん。そこで知った「トロッケンゲビンデ」。
検索でヒットしてお気に入りに入れておいたのがys-gardenさんアトリエクランツさん

そして、いつもこの方達の作品を見ているうちにどうしても習いたくなりました。アトリエクランツさんのテイストがとりわけ好み〜 なのですが、名古屋ですので通うわけにゆかず・・・ 探し当てて今のお教室に通うようになったのです。
そのうち名古屋まで行ってでも一度は受けてみたい♥…と思っていたアトリエクランツ・猪飼先生の講習会。夢にまで見たそれが、特別講習会として初めて東京であったのです。 喜び勇んで行って参りました♪
d0133320_20164034.jpg
ちょっと気が早いかも?ですが、作品は、クリスマスリース。
『ぜひ、間接照明やキャンドルの灯で楽しんで欲しいです』
とのことでしたので、さっそくキャンドルの元で・・・
といっても撮影するにはキャンドルだけでは暗いので、照度を落とした居間の灯りも。

上でご紹介した、for natural lifeの cedarroseさんもys-gardenのyuriさんも、実は今通っているお教室の生徒さん、、ということが通ってお話しているうちに判明した時はビックリ!! そしてまた、 cedarroseさんと上級のクラスの方は名古屋にお住まいの時に猪飼先生に習われていたそうで… この繋がりはどこまで行くの? と思っても不思議ではないくらい。

そして更に…
猪飼先生は〜現代日本のフラワー作家108人〜として『Flower』に作品が掲載され、今回、出版記念と作品展が東京であり上京されました。実はその『Flower』には、ys-gardenのyuriさんの作品も載っており、身近で輪になって繋がっている偶然を幸せとしてまたまた感じています。
by moonlight_ts | 2009-10-13 21:09 | トロッケンクランツ | Comments(6)
line

いとしきものたちとの日々は毎日が特別な日♪


by moonlight_ts
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31