--毎日がSpecial♪♪-- Everyday is the Special Day

moonlight7.exblog.jp ブログトップ | ログイン

ユーミン、好きです

「女性の歌い手で好きなベスト3を選べ!」と言われたら、選びます。
ユーミン♪♪

順番はつけられないけれど、松任谷由実、竹内まりや、吉田美和(ご主人が9月26日に33歳の若さで亡くなられたそうです。早すぎます…)。
中島みゆきに加藤登紀子に高橋真梨子。
それからそれから、今井美樹もあの透明な歌声が好き。
探り出したらベスト3はどこかへ行ってしまいそうなので、巻戻し。
やはりすぐに思い浮んだ最初の3人ですね、私の場合。

一番多く曲を聴いたのは、なんといってもユーミン。
彼女も青春時代、私もまだまだ青春時代、花も恥じらう(?)乙女の頃からずっとですからね。
好きなナンバーはもちろん、知らないものもいっぱい!!!!
若いころに心に残らなかったものでも、今聴けばストン!と胸に落ちてゆくものもあるかもしれません。
もう5-6年前のこと、ユーミンのCDをほとんど持っているという友人に、それを借りて聴いたことがありました。最近になって、もう一度聴いてみたい、そういう思いに駆られています。
その頃は時間も無く、知らない曲はほとんどすっ飛ばして聴いてしまったので・・・

今年はつい先日、ユーミンのコンサートを聴きに行きました。
あまりにも有名なので知る方も多いかも、の、<シャングリラ>。
d0133320_2345189.jpg

1999年、2003年、そして2007年の今年は三回目の<シャングリラ>。
そして、これが最後と聞きつけて、これは外せない!と早くからチケットを確保!
今回は「ユーミンスペクタクル シャングリラIII〜ドルフィンの夢」と謳われていました。
毎回、ロシアからサーカスチームやシンクロナイズドスイマーを迎えての、情緒と情熱に溢れるコンサート。

「コンサートであり、サーカスであり、シンクロであり、けれども、そのいづれでもない」
絵画を見ているような、マジックを見ているような、でもやっぱりコンサートのような、
ユーミンが言っていた通りに、それはそれは不思議な世界。
「ツアーはケガとの戦いでした。皆、体のどこかに爆弾をかかえ、命がけの演技。
でも、みんなで力を合わせていくことで、ほんとに血の通ったショーになってきました。」
4年の歳月をかけて制作されたこのショーは、最後の東京公演の中でも日々進化し続けたという。
壮絶な闘いの中で育くまれたものだったことは、観ていた1人ひとりにビンビン伝わったはず。

既に50も過ぎているというのに、ユーミンは舞台の端から端を歌いながら駆け回り、
ら旋階段を駆け上がり、それでも息も切らさず歌い続け・・・
驚愕!感嘆!羨望(これは願ってもせんないことだけど)!でした。
逞しくてカッコいいユーミン。
魅せるために日々努力し鍛え抜いているでしょうあなたはやっぱり「凄い!!!」
by moonlight_ts | 2007-10-01 23:47 | 私の好きなもの | Comments(4)
Commented by ヒロ at 2007-10-02 20:11 x
綺麗なジャケット! 敷いてあるのはちらし?このブルーがとてもいい色で、吸い込まれそう。
東京にいたら一緒に行きたかったですー 
Commented by miney-moonlight at 2007-10-03 00:06 x
ねえ、ほんとうに吸い込まれそうに綺麗なブルーよね。下のはファイルケースなの。CD買ったらついてきた(笑) そちらではこの公演が無くて見てもらえなかったのはとても残念!! BSで放送されるみたいだけど、可能だったらぜひ見てね。
Commented by ままりん(ばぁばら) at 2007-10-04 02:18 x
ブログオープンおめでとー

それにしてもすごいコンサートだったねぇ
息もつかせぬ構成で魅了されましたぁ
でも一番すごい!と思ったのは、
ユーミンがロシアのサーカス団の人たち全員の名前を紹介したとき!(笑)
Commented by moonlight_ts at 2007-10-05 00:35
ままりん、ありがとう〜
全員の名前を紹介!! あれも充分一つのショーになっていたわよね。
これが最後の曲?と思っていたらまた次があって、そのまた次があって・・・
いつまでも聴いていたい、見ていたいコンサート。充分に堪能できて満足でした♪
line

いとしきものたちとの日々は毎日が特別な日♪


by moonlight_ts
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31