--毎日がSpecial♪♪-- Everyday is the Special Day

moonlight7.exblog.jp ブログトップ | ログイン

阿蘇山を巡るうち雪に…

d0133320_22181019.jpg
宿を出て車を少し走らせると、こんな景色が目の前に現れました。
全容とは言っても、阿蘇五岳だけですが。
今度はこの丁度正面中腹まで行き、下界を見下ろすとこんな感じです。
d0133320_22182068.jpg
・・・と簡単に言っていますが、とても雄大な眺めなのです。
この写真は、前方に広がる景色を7枚ほど撮影したうちの、3枚を繋げています。
残り4枚をつなぐと外輪山の約半分の景色になるのですが、
ここでは幅に対して天地がとても短い写真になってしまい見づらく、
その光景をお見せできないのが残念!!!

その外輪山に抱かれるような世界最大級のカルデラには、
温泉や観光・レジャースポットが点在する阿蘇の観光エリアがあるのです。

外輪山のすべての尾根を延長して仮想すると、その昔、
この外輪山が噴火する前は世界最高峰のエベレストよりも高い山だったとか…?
外輪山は東西約18km・南北約25kmもあるので、
ほんとうにそうだったかもしれませんね。
『火の国』熊本での、ロマンあふれるお話です。

d0133320_2219328.jpg
噴火口近くまで行くと、こんなのどかな場所もあります。
草千里は、烏帽子岳中腹に直径約1kmに広がる大草原。
正面が阿蘇五岳のひとつである烏帽子岳です。
冬の阿蘇山上は雪が積もることが多く、真っ平らなこの平原は素晴らしい雪原になるそうです。

ここから見る阿蘇中岳。
d0133320_23163141.jpg
迫力がだんだんと迫って来ました。
天気が悪くなってきたので噴火口まで行くことをためらいましたが、
せっかくここまで来たのだからと、『阿蘇中岳大噴火口』へ。

けれど噴火口付近の駐車場まで行くと、雨。
・・・ではなく、雪が降り始めました。とにかく噴火口までの道を登ってみます。
が! 寒いばかりで火口はほとんど見えず。
わずかに、端の方だけ・・・
d0133320_23352759.jpg
とはいえ、マグマが地の底で活動しているであろうその脈動のようなものは充分感じられます。

今年の初雪体験が九州で、とは思いもよらぬことでした。

夜は集まりがあるとのことで長居はできず、熊本・阿蘇ともお別れ。
途中、義兄の案内で人吉においしい鯉や鮎の店へ。
鄙びた静かな佇まい。いかにも簡素で、一筋にそれだけに専念しているといった感じ。
鯉のあらい組と鮎の塩焼き組が、何故か男女ではっきり分かれることに。
“天然物を”と指定したそれは、焼き加減もほどよくボリュームもあり、
それはそれはおいしいものでした。
d0133320_23522362.jpg

d0133320_2352333.jpg

お座敷からはぐるり向こうのお部屋のある建物が見え、
屋根には店の名の“しらさぎ”ならぬ“あおさぎ”が辛抱強く、
でも虎視眈々と、池の鯉を狙っておりました。
こんな光景も、ごちそうのうちですね。
by moonlight_ts | 2009-11-25 23:57 | 旅あちこち | Comments(2)
Commented by ヒロ at 2009-11-26 12:13 x
わー 九州に行ってらしたんですね!?
阿蘇は広くてゆったりした景色がいいですよね
馬刺もおいしいし〜(笑)
それにしても、この鮎も、下の炭火焼の地鶏も、オイシソ〜〜^0^
Commented by moonlight_ts at 2009-11-27 23:47
☆ヒロちゃん♪
久しぶりの阿蘇でしたが、この季節は初めて。
でもね、まさか雪が降るとは思わなかったわ!!!
馬刺もお土産にして食べましたヨ おいしかったわ♪
この次の日は、青島に伊勢エビを買い出しに行き、お得な価格でたっぷりいただきました、ふふっ^p^
今回は“食”を満喫する九州になってしまいました。
line

いとしきものたちとの日々は毎日が特別な日♪


by moonlight_ts
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31