--毎日がSpecial♪♪-- Everyday is the Special Day

moonlight7.exblog.jp ブログトップ | ログイン

ハワイ島 第2日目-1 --ビッグアイランドはやっぱり広い!!--


『もっと魅せたい島一周』というオプショナルツアーへ。
参加したツアー会社でも最近できたコースだそうで、見どころがいっぱい。そして、他所のツアー会社には無い、『道中で楽しむハワイ島のB級グルメ』つき。
B級グルメは次回のご紹介とし、さあ、ハワイ島一周へ…
☆   ☆   ☆

お天気もよく、現地の方の慣れた運転でひた走り向かった先は、ワイピオ渓谷。
d0133320_441455.jpg
ここは「王家の谷」と呼ばれ、
かつては王家のある都市だった、ハワイ島で最も神聖な場所。
カメハメハ大王が幼年期を過ごしたところだそうです。
どこまでも広がる空と海に抱かれた、
雄大で穏やかな景色が眼下に見えるアウトルックからの眺めです。



☆   ☆   ☆

今年3月に公開された映画、「ホノカアボーイ」のロケ地となった、
日系移民の街、ホノカアを通り過ぎ、しばらくすると雨が降って来ました。
といっても、このハワイ島、島の東側は雨が多いエリア。
そして、西側は晴天率の高いエリア。

ハワイ島にはマウナ・ロアとマウナ・ケアという4000mを超える山があります。
太平洋の水分を含んだ東から吹く風が、これらの山にぶつかり雲を発生させて、
島の東側に雨を降らせ、こちらの地域は晴天率は年間40%だそうです。
なので、西側と東側では植生もずいぶんと違いました。
まさしさんの、ハワイの植物の話を聞きながら進むうち、
どうやら雨は上がりました。 よかった〜
☆   ☆   ☆

アカカの滝まで、車を降りてからさまざまな熱帯の花や植物を眺めながら、
しばらく巨大な植物たちの間をぬっていきます。
d0133320_0583520.jpg
まるでジェラシックパークに迷い込んだよう・・・
d0133320_059024.jpg
アカカの滝。どこかで見たような…と思ったら、
滝壺に落ちる水の落ちて行く様子が、那智の滝にそっくり!!
アカカの滝は高さが128メートル。
雨が多いため水量が多くて見応えある雄大な美しいものでした。
(帰って調べてみると、那智の滝は高さ133メートル、幅13メートル。
プロポーションがそっくりなんですね)

☆   ☆   ☆

ツアー会社おすすめ、ロコモコのお昼を食べた後は、
ビッグアイランドキャンディーズという、
ハワイ島を代表するショートブレッドクッキーの店へ。
d0133320_16188.jpg
(ファクトリーで作られたクッキーやチョコレートは直結したショップのみでの販売。
品質保持のため、ごく一部がワイキキのDFSで購入できるのみだそうです)


☆   ☆   ☆
d0133320_114183.jpg
世界遺産である、キラウェア火山国立公園。
実は、10年ほど前に、ここ、キラウェア火山だけはレンタカーで訪れたので、
今回で2回目です。
その時は、ハレマウマウ火口の周辺を歩け、
地面は温かくあちこちで水蒸気がのぼり、
火山が生きていることを感じることができました。
2008年3月に水蒸気爆発とみられる爆発があった後、
あちこちが立ち入り禁止となっているため、
今回はトーマス・ジャガー・ミュージアムから眺めるだけとなりました。

d0133320_116388.jpg
キラウェア火山国立公園内にあるサーストン・ラバ・チューブ。
ここは、熱いドロドロの溶岩が流れるとき、外側だけが冷えて固まりはじめ、
まだ熱いドロドロの溶岩が全部流れさってできた自然のトンネル。
その固まった外側がチューブの壁となって残ったのですね。
d0133320_1252473.jpg
(今回のナビゲーター、まさしさん)

中に入り、途中、天井が高くなっているところがあるのですが、これは火山ガスに持ち上げられた跡なのだそうです。
d0133320_1181166.jpg
こんなものを作り上げる火山の力って凄い!!
熱い熱い自然の底力を感じます。

また、このトンネルの出口には別のラバ・チューブがあり、
こちらは観光化されていず、のぞいてみると中は真っ暗!
でも、立ち入り禁止の看板も無ければロープも渡してはいない。
自己責任でどうぞご自由に、なのでしょう。
実際、懐中電灯を持って入って行く集団がありました。

☆   ☆   ☆

ハワイ島全体を時計に例えるなら、ホテルは10時くらいの方角。
12時のワイピオ、2時のアカカの滝、4時くらいの方角のキラウェア火山と回ってきました。
このツアーの最後の見どころは、
5時の方角のプナルウ・ブラックサンドビーチです。

☆   ☆   ☆

一面が黒砂の海岸の正体は、もちろん溶岩です。
このプナルウ・ブラックサンドビーチは、
ウミガメが甲羅干しする姿を見られることで有名な海岸。
私たちが行ったときも、甲羅干しをしているウミガメ、いました。
d0133320_123469.jpg
ウミガメ(ハワイアン・グリーンシー・タートル)は神の使いとされていて、
ハワイではホヌと呼ばれます。
そしてこのウミガメたち、実は法律で守られており、
4.5メートル以内に近づくと罰せられるそうなのです。
by moonlight_ts | 2009-08-18 00:15 | 旅あちこち | Comments(6)
Commented by andy at 2009-08-18 09:42 x
神様のお使いのホヌにあえてラッキーでしたね!!
アカカの滝までの写真を見ると・・巨大なタマシダのような植物が・・・
Commented by チョコレートです♪ at 2009-08-18 13:41 x
ハワイレポ楽しみにしていました~!ハワイは神の島、神聖な場所(パワースポット)が沢山ありますよね。パワースポット好きにはたまりません!ジュラシックパークのような熱帯植物のなか私も歩きた~い!ホヌに会えたなんてうらやましいです。マイナスイオン盛り沢山のレポありがとうございます(^_-)-☆
Commented by ぴょん at 2009-08-18 23:33 x
ハワイ島って、こんなに自然にあふれてるんですね。昨年初めてオアフにいき、ショッピングと海(しかも岩?がおおい)のイメージであまりハワイファンになれなあったわたし・・・ いきたくなってきました! またレポートたのしみにしてます。

PS 巨大たましだ、私もきになります!
Commented by moonlight_ts at 2009-08-19 00:56
☆andyさん♪
ホヌは何も反応してくれず、難しいお顔していて、
そんなところに神様のお使いの雰囲気が漂ってたかな。
はいはい、やはり気になりましたか〜
シダ類は200種類くらいあるとまさしさんが言っていたような…
タマシダもちゃんといましたよ。クプクプという名前でした。
なんだか愛らしいネーミングですね^_^
Commented by moonlight_ts at 2009-08-19 01:00
☆チョコレートさん♪
あれから2週間にもなるのに待っていてくださってありがとう!
はい! パワースポットあちこちに。
こちらも気になりますよね〜 また他のところも訪ねてみたいです。
ハワイ島は本当に面白い島です。
東西の地形、環境の違いによる豊富な植生を辿るだけでも楽しめそうですよ(^_-)-☆
Commented by moonlight_ts at 2009-08-19 01:05
☆ぴょんさん♪
ハワイ島は気になるところいっぱい!
オアフとは全く雰囲気が違います。
なので、オアフ島をハワイと言うなら、
姪っ子ちゃんがオアフ島に寄らずじまいで果たしてよかったのかな〜…
と、心配したくらいです。
でも、彼女も実はパワースポットや自然大好きなので何も問題ありませんでした^_^
みんなが気になるタマシダちゃん♪
次回はB級グルメとともに、花やシダのレポートにしますね。
乞うご期待!! (って言っちゃっていいのかなぁ^.^; )
line

いとしきものたちとの日々は毎日が特別な日♪


by moonlight_ts
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31